今年初めにマーク・ザッカーバーグからお伝えしたように、ソーシャルネットワークはデジタル版の公共のスペースや皆が集まるリビングルームのような役割を果たすことができます。人々は、多くの人とシェアできる公開の場と、親しい人のみとシェアできるプライベートな場の両方を求めています。Facebookグループのプライバシー設定は、これまで、「公開」、「非公開」、「秘密」の中から選ぶことができました。Facebookではこのたび、利用者の皆様の期待に添いつつ、よりわかりやすい機能を提供するため、グループのプライバシーモデルを「公開」と「プライベート」の2つに簡素化します。

今回の変更は、利用者の皆様からのグループのプライバシー設定をもっとわかりやすくしてほしいという声を受け実施するものです。プライバシー設定を「公開」と「プライベート」の2つに整理することで、誰がグループを検索したりグループのメンバーや投稿を見ることができるのかが、よりわかりやすくなります。また、ほとんどの人が自分が参加するグループのプライバシー設定について、「public (公開)」と「private (プライベート)」という用語が使いやすいと答えています。

Facebookでは過去1年間にわたり、オンラインの情報の適切な管理について意識を高めるべく取り組んでいる、世界中のプライバシーの専門家やプライバシー保護団体と密接に連携してきました。こうした専門家の皆様のおかげで、新しいプライバシー設定をわかりやすく使いやすいものにするための重要な示唆を得られました。 

Facebookのコミュニティ規定と規定違反に対する事前検知技術は、これまでのプライバシー設定の場合と同様に、「プライベート」と「公開」の両方のグループに引き続き適用されます。このため、誰にとっても安全な環境を維持すべく、悪質な行為をする人や不適切なコンテンツを検出・削除することができます。

グループの新しいプライバシー設定

新しいプライバシー設定は、より直感的でわかりやすい2つのオプションから構成されます。公開グループの場合は、グループのメンバーやそこでシェアされているすべてのコンテンツを誰でも見ることができます。プライベートグループの場合は、メンバーだけがグループのメンバーやグループ内の投稿を見ることができます。

また、利用者の皆様からは、グループが検索可能かどうかを細かく管理したいという声もいただきました。今後は、グループを検索やその他の方法で発見できるかどうかを管理者が選択できるようになります。グループ内の投稿やメンバーのプライバシー設定と、グループ自体が公開検索できるかどうかを切り離すことで、管理者はグループのプライバシー設定を把握・管理しやすくなり、メンバーも「誰がグループを検索できるか」などの重要な情報を把握しやすくなります。

従来の「秘密」のグループはデフォルトで「プライベート」かつ「検索不可」になり、 従来の「非公開」グループは「プライベート」かつ「検索可能」になります。 「公開」グループは引き続き「公開」かつ「検索可能」です。 グループの管理者はグループの設定から、新しい管理機能を確認することができます。ただし、これまでと同じように、管理者がグループのプライバシー設定を変更できる条件やタイミングについては制約があります。管理者がグループのプライバシー設定を変更した場合は、必ずグループメンバーにお知らせが届きます。

 

安全

Facebookは、利用者の皆様に安心してご利用いただけるよう取り組んでいます。この数年間、人員とテクノロジーに大きく投資を行い、安全とセキュリティに取り組むチームのメンバーを、Facebook全体で3万人以上、雇用してきました。その一環として、専門チームが、Facebookグループの利用者の皆様を危険から守るための「Safe Communities Initiative」という取り組みを行っています。同チームの業務の多くを占めるのは、プライベートグループと公開グループの両方について、コミュニティ規定に違反している投稿やグループを事前に検出して削除する作業です。

Facebookでは、AIと機械学習の活用を推進することで、誰かが報告する前、そして時には利用者が目にするよりも前に、不適切なコンテンツを検出できます。システムによってコンテンツにフラグが付けられたり利用者から報告されたりすると、トレーニングを受けたコンテンツのレビュアーが文脈を考慮し、当該コンテンツがコミュニティ規定に違反しているかどうかを判断します。私たちはさらに、こうした事例をテクノロジーの向上に役立て、同様のコンテンツに対する検出・削除の精度を高めています。 

リソース

Facebookグループをご利用の皆様にとって、自分の情報や、コミュニティとシェアしたコンテンツを誰が見ることができるのかを把握することは重要です。Facebookでは、今回の移行をスムーズに行っていただくために、コミュニティサイトの機能紹介動画や記事など、管理者やメンバーの皆様向けの変更内容に関する各種リソースを作成しました。グループの新しいプライバシー設定の詳細は、こちらでご覧いただけます。