Facebookは6月18日(米国時間)、利用者の皆様がLibraネットワークにアクセス・参加するための金融サービスの提供を目的として設立した新会社「Calibra(カリブラ)」(以下Calibra)と同社の計画について発表しました。

Calibraが提供開始する最初のプロダクトは、ブロックチェーン技術を活用した新しいグローバル通貨であるLibra向けのデジタルウォレットです。デジタルウォレットはMessenger、WhatsApp、および専用アプリで使用することができ、2020年のサービス開始を予定しています。

今日、インターネットを利用することができれば、家族や友人とのコミュニケーションや学習、あるいは新規ビジネスの立ち上げなど様々な目的に対し、あらゆる便利なサービスを少額あるいは無料で利用できます。しかし、預金や送金、支払いなどは、簡単に行えるものではありません。

世界中には、未だに基本的な金融サービスの利用の恩恵を受けられない人々が数多くいます。例えば、世界中の成人の半数近くが、銀行口座を所有していません。これを開発途上国や女性に限定すると、更に人数は少なくなります。この金融サービスへのアクセスが無いことによるコストは非常に大きく、例えば、開発途上国の中小企業の約70%は信用取引を利用できず、また世界中の移民は送金手数料によって250憶ドル(約2.8兆円)を失っています。

これこそが、Calibraを通じてFacebookが解決したい課題です。Calibraは、ブロックチェーン技術によって実現する新しいグローバル通貨であるLibraの貯金や送金、使用ができるデジタルウォレットです。Libraの詳細については、Libra協会のウェブサイトをご確認ください。

Calibraのサービス開始時より、利用者の皆様はテキストメッセージを送るのと同じくらい簡単・気軽に、スマートフォンからほぼ誰にでも、無料あるいは少額でLibraを送ることができます。また、将来的には、代金の支払いをボタン一つで可能にしたり、コードをスキャンするだけで飲み物の購入や公共交通機関を利用できるようになるなど、現金や定期券を持たずにできるサービスを利用者や企業に提供したいと考えています。

Calibraを使った体験は以下のような流れになります:

1) ホーム画面  2) メッセージ付き送信フロー 3) 確認画面

サービス開始後、Calibraは利用者の皆様のお金と情報を、強固なセキュリティの下で保管します。銀行やクレジットカードと同じ認証・詐欺防止プロセスを採用し、自動化されたモニタリングシステムが、詐欺行為を検知・防止します。

また、万が一利用者の皆様が携帯電話をなくしたり、パスワードを忘れたりした場合に備えて、専任のライブ・サポート体制を用意します。仮に、誰かがアカウント情報を悪用し利用者のLibraが使用された場合、元の利用者にLibraをお返しします。

利用者の皆様のプライバシー保護にも対策を講じます。特定の場合を除き、Calibraは事前のの同意なしに、アカウント情報や金融情報をFacebook社や他の第三者と共有しません。

例えば、Calibraの利用者の皆様のアカウント情報や金融情報が、FacebookやFacebookファミリーアプリのターゲティング広告に使用されることはありません。これらの情報が共有されるのは生命の安全が脅かされる場合や法律に基づく場合、Calibraの利用者の皆様に基本的な機能を提供する場合に限定されます。CalibraはFacebook社が所有するデータを、法律に基づき、利用者のアカウントを守り、リスクを減少させ、犯罪行為に巻き込まれるのを防ぐために使用します。プライバシーと利用者保護のための弊社のコミットメントは、こちらのURLリンクをご参照ください。

Calibraの開発はまだ初期段階にあり、幅広い分野の外部専門家と相談しながら、安全でプライベートな、誰もが使用できる製品開発を行っていきます。

今後も開発に関する情報のアップデートを行っていく予定ですが、Calibraの提供開始時期をいち早く確認したい場合には、こちらのURLリンクから登録のうえ、確認いただけます。

免責事項
本発表には、Facebook社の製品および事業計画、ならびに見通しについての、将来予想に関する記述が含まれます。これらの将来予想に関する記述は、様々な要因や不確実性により、将来において実現しない可能性があります。本内容は上記のとおり当該資料の作成時点(米国時間 2019年6月18日)のものであり、含まれる将来予想に関する記述はすべて、当社が作成時点において合理的と判断した前提・仮定に基づくものです。当社は、これらの将来予想に関する記述を更新し、将来の出来事または情勢に適合させる責任を負うものではありません。