why_am_i_seee280a6his_post_v3.jpg

ニュースフィードで表示されるコンテンツは常にパーソナライズされています。本日以降、コンテンツが表示される理由などの情報がさらに充実し、ニュースフィードの内容がより管理しやすくなります。

具体的には、「この投稿が表示される理由」機能が追加され、利用者の皆様はニュースフィードへの友達、ページ、グループからの投稿について詳しい情報を知り、表示内容をより自在に管理できるようになります。これは、ランキングの仕組みに関する情報を直接Facebookアプリ内で確認いただけるようにする初めての試みです。

Facebookでは2014年にリリースした「この広告が表示されている理由」の改善にも取り組んでまいりました。この数年間にいただいた貴重なご意見をもとに、表示される広告について利用者の皆様に提供する情報を拡大いたしました。

ニュースフィードの投稿や広告をタップすると、表示された背景が分かり、今後の表示を自分で設定できます。

why-am-i-seeing-this-post-v1

投稿が表示されるしくみを理解し管理する方法
ニュースフィードの目指すところは利用者に最も関連のある投稿を表示することです。「この投稿が表示される理由」では過去のアクティビティがニュースフィードでの投稿ランキングにどう影響しているのかを知ることができます。具体的には次のことが確認できます。

  • ニュースフィードに特定の投稿が表示されている理由。例えば、友達になった、グループに参加した、ページをフォローしたなど。
  • 投稿の表示順に一番大きく影響している情報。例えば、(a)個人、ページ、グループからの投稿に対するアクティビティの頻度 (b)動画、写真、リンクなどの投稿タイプ別のアクティビティの頻度 (c)自分がフォローしている個人、ページ、グループの投稿の人気度など。
  • ニュースフィードのパーソナライズのための設定ショートカット。例えば「トップに表示」「フォローをやめる」「ニュースフィードの設定」「プライバシーセンター」など。

「この投稿が表示される理由」の検討を重ねる中で、ニュースフィードのアルゴリズムの透明性だけでなく、表示をコントロールする機能も一緒に提供されなければ不十分だとのご意見をいただきました。ご要望を踏まえ、この新機能ではニュースフィードに表示されるコンテンツを利用者の皆様が簡単に管理・設定できるようにしました。

また、皆様のご意見をもとに、表示する価値があるのは具体的にどのような情報なのかを精査することもできました。例えば、この機能で表示する3つの主要カテゴリーには、それぞれ利用者の皆様のアクティビティの例を参考として反映しています。今後も皆様からのご意見をもとに、「この投稿が表示される理由」の改善に努めてまいります。

広告の表示に関する詳しい背景の提供
Facebookでは「この広告が表示されている理由」のアップデートも行っています。4年以上前にこの機能をリリースして以来、基本的な利用者層データ、趣味・関心、ウェブサイトの訪問履歴といった要因がどのようにニュースフィードの広告表示に影響するのかを利用者が確認できるようになりました。今後は利用者の皆様のFacebookのプロフィールと広告主からの情報が一致した時に表示される広告について、さらに詳しい情報を提供いたします。

広告主はメールアドレスや電話番号といった取得済みの情報をアップロードすることによって自社の顧客にリーチできます。そしてFacebookは広告と広告に最も関連性が高いオーディエンスのマッチングを行います。Facebookはここで個人を識別できる情報を一切広告主に伝えません。
「この広告が表示されている理由」では、広告主が情報をアップロードしたタイミングや、広告主が広告掲載に関して別のマーケティングパートナーとも連携しているかどうかといった詳細情報を提供します。

what-am-i-seeing-this-ad-v1

継続的な取り組み
これらのアップデートは、Facebook全体でより詳しい表示に関する情報やそれを管理する機能を利用者の皆様に提供するための継続的な取り組みの一環です。今後も利用者の皆様からご意見をいただき、機能の改善を続けてまいります。

詳しくはヘルプセンターをご覧ください。