3月20日、OculusはGDCで「Oculus Rift S」を発表しました。トラッキング技術「Oculusインサイト」塔載の利便性と、PCのパワーをフル活用できる性能を備えた新しいVRヘッドセットです。Riftプラットフォームをベースに開発されたRift Sなら、ゲームファンもテクノロジーファンも、最も没入感の高いVRコンテンツにアクセスできます。発売時期は2019年春、価格は49,800円を予定しています。

Rift Sは従来のRiftの後継モデルで、ディスプレイの解像度と光学系が改良されました。さらに、ヘッドセットを外さなくても周囲の実世界を見ることができる機能「Passthrough+」が追加されました。

解像度が向上した最上級のPC VRゲームプラットフォーム

Rift SはRiftのプラットフォームで機能するので、箱を開けたその日から、没入感の高い人気のVRタイトルを遊ぶ事ができます。また、 『Asgard’s Wrath』、『Defector』、『Stormland』 といったさらに画期的なゲームも近くリリースされる予定です。光学系やディスプレイ技術の向上により、ピクセル密度が高くなりよりシャープになった映像で、さらに没入感の高いゲーム体験を実現しました。Riftでプレイするゲームが今まで以上にきれいに見えます。

快適性の向上と統合オーディオ

Rift Sの開発にあたり、OculusはLenovo™と協力することで、同社のVRおよびAR空間の経験とLenovo Legion™ゲーミングコミュニティからのフィードバックをRift Sに生かすことができました。Lenovoとの共同開発により、Rift Sでは快適性、重量バランス、遮光性などが向上し、またケーブルが一本になった事により、より快適な体験を提供できるようになりました。Rift Sには、Oculus QuestやOculus Goと同じ統合オーディオシステムが搭載されており、自分の好みのヘッドフォンを使用できるヘッドフォンジャックも用意されています。

Oculusインサイトで正確なルームスケールトラッキングを実現

Questと同様、Rift Sには最新鋭のインサイドアウトトラッキング技術であるOculusインサイトが搭載されています。外部センサーはもう不要。Oculusインサイトで簡単にゲームの世界に飛び込めます。コンピュータービジョンアルゴリズムを使用するOculusインサイトは、リアルタイムで周囲の実際の環境情報を読み込み、VR空間内に反映し、安全に遊べるように誘導します。Rift Sヘッドセットには、既存のRiftライブラリに対応しトラッキング範囲が最大となるように、5つのセンサーが取り付けられています。インサイドアウトトラッキングに合わせて設計が見直されたOculus Touchコントローラーでは、これまでと同様のハンドプレゼンスとインプットで、VR内のオブジェクトをつかんだり、指定したり、ジェスチャーをすることができます。

Passthrough+を導入

Oculusはまた、真の立体補正パススルー機能「Passthrough+」を導入しました。これは、ASWを含むコアOculusランタイムの技術進歩を活用したもので、奥行き差やパフォーマンスに与える影響を最小限に抑えて快適な利用体験を実現します。特に、プレイエリアの外を見たりエリア外に出る必要があるときに便利な機能です。

共通のプラットフォーム

RiftとRift Sはコアプラットフォームが共通のため、現在Riftをお持ちの方は、引き続きソフトウェアアップデートをご利用いただけます。また、どちらの製品でも、現在リリースされているゲームはもちろん、今後リリースされるゲームも同様にご使用頂けます。

今後も随時追加発表がありますので、どうぞお見逃しなく。最新情報をもらさず受け取るには、oculus.com/rift-sでご登録ください。