Facebookは9月26日(米国時間)、世界中のすべての広告主へFacebookストーリーズ広告の提供を開始することを発表しました。投稿内容が24時間で自動的に消えるストーリーズは現在、FacebookとMessengerの両プラットフォーム合わせて、世界で毎日3億人を超える人々に利用されており、本日より世界中のあらゆる規模のビジネスがストーリーズ広告を活用することができるようになります。

利用者の皆様はFacebookストーリーズを使い、没入感のあるフォーマットで気になるコンテンツをすばやく共有、発見しています。ストーリーズの利用は様々なプラットフォーム間で成長しており、カナダの第三者調査機関イプソスとFBIQの共同調査によると、68%の利用者の皆様が少なくとも3つのアプリでストーリーズを定期的に利用し、63%は将来的にストーリーズを利用予定であることがわかりました[1]。また、2017年3月にInstagramストーリーズ広告を提供開始以降、多くの広告主がストーリーズ広告のフォーマットを活用した効果的な広告で、ビジネスの成果を向上しました。

ストーリーズ広告でビジネス成果を向上

本日より広告主は、フィード広告やInstagramストーリーズ広告に加え、キャンペーンの新たな配信場所としてFacebook ストーリーズを利用し、より多くの利用者の皆様に縦型全画面で没入感のあるフォーマットを使ったアプローチができます。また、今後数週間のうちにMessengerのストーリーズ内にも広告キャンペーンを拡大することが可能となります。

Facebookストーリーズ広告ではInstagramストーリーズ広告と同様に、リーチ、ブランド認知、動画ビュー、アプリインストール、コンバージョン、トラフィック、リード獲得などの広告の目的を設定することができるほか、Facebook の精度の高いターゲティングと広告効果測定ツールもご利用いただけます。

ストーリーズ広告は、ビジネス成果の向上にも大きく貢献できることがわかっており、前述したイプソスの調査では、62%の人がストーリーズ広告を閲覧後、ブランドや商品への興味・関心が向上したと答えています[1]。実際にFacebookストーリーズ広告の試験運用に参加した米国最大のインターネットラジオiHeartRadio、ナチュラル製法のポテトチップを販売するKettle Chips、ケンタッキーフライドチキンは、Facebookストーリーズの広告キャンペーンからブランドリフトを獲得するなど、ビジネス成果を出しています。

[1]イプソスとの共同調査 (2018年8月):世界12か国(AU, BR, CA, DE, FR, ID, IN, MX, PH, TH, the UK,US)の13歳~54歳までの、Facebookが提供するアプリ(Facebook, Instagram, Messenger, or WhatsApp)において週1回ストーリーズ機能を利用する人々を対象とした調査結果

この発表の詳細はFacebookビジネスブログFacebook Business(英語版)をご覧ください。