Instagramは2018年8月1日(米国時間)、アプリ利用時間を管理できる新しい機能を InstagramとFacebookに導入することを発表しました。

今回導入された機能は、「アクティビティダッシュボード」、「デイリーリマインダー」、「プッシュ通知のミュート設定」の3つです。

InstagramとFacebookでは、両プラットフォームを使う時間が利用者の皆様にとって意図的であり、インスピレーションを与えるような、前向きな体験であってほしいと考えています。これらの機能は、コミュニティ(利用者)からのフィードバックや調査に加えて、SNSが精神衛生に及ぼす影響などを研究している外部の専門家や団体と協力して開発しました。


各機能の詳しい説明と設定方法は以下の通りです:

アクティビティダッシュボード該当するデバイスのアプリ平均利用時間を確認可能

  • Instagram上では[アクティビティ]を、Facebook上では[Facebookの利用時間]をタップ
  • トップ画面のダッシュボードで、過去1週間のアプリ平均利用時間を確認
  • グラフをタップしてその日の利用時間を確認

デイリーリマインダー:事前に設定した時間を超えてアプリを利用した場合、リマインダーを送信

  • アクティビティダッシュボード内の[デイリーリマインダー]をタップ
  • 利用時間の上限を選んでリマインダーを設定

プッシュ通知のミュート設定InstagramまたはFacebookのプッシュ通知を一定期間、制限可能

  • [お知らせ設定]をタップ、[プッシュ通知をミュート]を選択
  • プッシュ通知を制限する期間を設定(15分、1時間など)

過去1年間にわたり、InstagramとFacebookでは利用者の皆様がプラットフォーム上での体験をより管理しやすくなるような機能を導入してきました。Instagramでは、機械学習で不適切なコメント、いじめコメントを自動的に非表示にするフィルター機能、コメントをオフにする機能、Facebookでは、トップに表示非表示フォローをやめる、フォローを休止機能などを提供しています。また、自殺防止に関してもグローバルで注力しており、Save.orgなど自殺防止や精神衛生に関する活動団体と協力するほか、過去に自殺を考えた経験のある人々からの意見も取り入れながら、AIの活用や初動対応者の特定方法の改善などに取り組んでいます。

InstagramとFacebookでは、利用時間の長さだけでなく、利用者の皆様がその時間をどう過ごすかが大切であり、オンラインで過ごす時間が人々にどのような影響を与えるのか、オープンに話し合う責任があると考えています。今後も皆様にとって安全で思いやりのある、協力的なコミュニティを築き続けるために注力してまいります。

これらの機能はInstagramとFacebook上でまもなく導入されます。機能の詳細につきましてはヘルプセンターをご参照ください。