Facebookは8月6日(米国時間)、世界中のあらゆる国と地域の人々がビジネスとつながる上で役立つ、ビジネスページのアップデートを発表いたしました。

Facebookを利用している8000万以上のビジネスのうちの多くは、中小ビジネスやローカルビジネスが占めています。これらのビジネスは、Facebookを活用してオンライン上での存在感を維持し、また、最新情報の発表や顧客とのコミュニケーション、取引の拡大を図っています。また、Facebook利用者の3人に2人が、少なくとも週に1回、ローカルビジネスのページや開催予定のイベントのページにアクセスしています。Facebookでは人々とビジネスのつながりをより有意義なものにし、そして、より多くの情報を提供することで、ビジネスが有意義な結果を導く支援をしたいと考えています。そこで、Facebookは、おすすめのビジネスを推奨する新しい方法の提供、顧客が利用可能なアクションアイテムの拡充、採用をサポートする求人情報ツールの拡大など、ビジネスページのデザインに関するアップデートを行いました。

  • ページのアップデート:ビジネスページのアップデートにより、利用者の皆様とビジネスに携わる人々の交流をより促し、最も必要な情報を見つけやすくします。例えば、レストランやサロンの予約が可能になり、さらにお店の最新の写真、イベント情報、提供品の確認をすることもできます。また、ビジネスがページに投稿したストーリーの閲覧もでき、ビジネスに携わる人々を知るきっかけにもなります。
  • コミュニティからのおすすめ情報:利用者の皆様は、ローカルコミュニティで何をすべきか、どこで食事や買い物をすべきか、といった情報を知る上でおすすめ機能を利用します。今後ページ内のおすすめ機能をよりわかりやすくします。
  • イベント機能によるつながり:毎月7億人がFacebookのイベント機能を利用して、自分の近くのローカルコミュニティで行われる出来事を発見しています。この数は、イベントを介して地元の農場と顧客を対面でつなぐ、ローカルの農業非営利団体、CUESAのような組織も含まれます。イベントのチケットもFacebookのイベントページから購入でき、Facebook上で直接チケットを販売することで2倍の売上を記録した事業主もいます。
  • 雇用創出のサポート:新規雇用の60%以上はローカルビジネスから創出されています。Facebookは人々の仕事探しや、ローカルビジネスの人材採用をサポートすべく、今年、求人応募ツールを世界中で提供開始します。
  • ローカルスポットを見つけやすく:利用者の皆様は、Facebookアプリ内の「ローカル」セクション、または単独アプリのFacebook Localを使って、友人のおすすめする近隣のお店や参加するイベントなどを確認することができます。

ローカルコミュニティは、人々によって築かれ、成長し、支えられています。Facebook上では、8000万以上の中小企業が無料のビジネスツールを活用し、16億人の利用者の皆様とつながっています。
Facebookを日々の顧客とのつながりに活用する日本の事例のご紹介です。

  • 1968年の創業以来、地元で獲れた新鮮な魚を使ったお寿司を提供する鳥取の寿司屋「笹すし」のオーナー稲田美恵子さんは、新規顧客の獲得を目的に、2012年からFacebookページの運営を始めました。現在、新規顧客の50%以上がFacebookで笹すしを発見しています。「Facebookを利用してお客様との交流を開始した時は、コンピュータの経験がまったくありませんでした。Facebookを活用しはじめてから、日本全国からだけではなく、海外からもお客様が来店してくれるようになり、今では季節の一品の素敵な写真を共有するだけでなく、Facebookを通じて毎日生まれる顧客とのつながりを大切にしています」

今回の発表はFacebook上で人々とローカルビジネスとの交流を促す新たな一歩であり、ビジネスの成功はコミュニティの活性化につながると考えています。