~日本初!行政との連携による地方創生支援を本格展開~

フェイスブック ジャパンは7月30日、兵庫県神戸市と「地域経済・地域コミュニティ活性化に関する事業連携協定」を締結しました。本協定に基づき、フェイスブック ジャパンと神戸市は、Facebook/Instagramを活用した地域経済およびコミュニティの活性化を図る「コミュニティの力、起動!」プロジェクトを開始し、第一弾として、9月8日から16日にかけて「#Kobeブルーウィーク」と題し、地域経済・地域コミュニティ活性化に向けたプログラムを実施します。

フェイスブック ジャパンは、「可能性をつなぎ、かがやく日本へ」をテーマに、FacebookやInstagramの強みであるコミュニティの力やテクノロジーを活用し、日本の様々な領域における課題を、成長に向けた新しい機会へと変えていくサポートをしていきたいと考えています。これまで、FacebookやInstagramにおける様々な機能の活用はもちろんのこと、地方創生に向けた中小ビジネスの活性化や女性起業家の支援、シニアの皆様がFacebookを安全・安心に楽しんでいただくための支援など、課題解決に貢献する様々な取り組みを行ってまいりました。今回、神戸市と連携を図ることで、このような取り組みをさらに前進させ、神戸地域の経済、コミュニティの活性化に貢献したいとの思いから「コミュニティの力、起動!」というプロジェクト名のもと、以下の3つの分野で協業していきます。

  1. 市政情報発信支援プログラム
  2. 地域経済活性化促進プログラム
  3. コミュニティ活性化促進プログラム

 

  1. 市政情報発信支援プログラム

今回の提携を機に、神戸市としてFacebook/Instagramを活用した情報発信をより効果的に行っていただけるよう、市職員の皆様を対象に活用ノウハウを提供するセミナーを開催します。また、すでにご利用いただいているFacebook/Instagramでの情報発信内容等の分析を行い、継続的な改善アドバイスを提供していきます。

  1. 地域経済活性化に向けた支援

Facebookでは、日本において大多数を占める中小ビジネスのポテンシャルに以前から着目しています。FacebookページやInstagramビジネスプロフィールは無料かつ簡単に利用が可能で、広告は少額から出稿可能といった特長をもちます。人材不足や予算が理由でこれまでマーケティング活動を本格的に実施できていなかった中小ビジネスが、国内外の潜在顧客に向けた情報発信を行うことで、これまでも販路の拡大や新規顧客の獲得といった成果を挙げています。

今回、以下のようなセミナーを行う予定です。

  • 「Facebook Marketing Boot Camp」Webマーケティング等の専門的な知識をお持ちでない中小ビジネス向けに、FacebookやInstagramの活用ノウハウを提供するセミナーを開催します。
  • 「Facebook Blueprint Live」FacebookやInstagramのより高度な活用方法を求めているスタートアップ向けに、キャンペーンの戦略立案から広告の活用方法までを体系的に学ぶワークショップ「Blueprint Live」を開催します。これはオンラインでFBが提供しているBlueprintトレーニングを実地で学べるセッションになります。

また、産業や観光、ライフスタイルなど、様々なコンテンツを抱える神戸の魅力をさらに対外的に発信できるような個別相談会を開催するほか、将来的には女性の起業促進を支援するイベントの開催も検討しています。

  1. コミュニティ活性化促進プログラム

Facebookは昨年「コミュニティづくりを応援し、それによって人と人がより身近になる世界を実現する」という新たなミッションを策定し、アイデンティティや目的を共有するコミュニティづくりを支援することで、より有意義な価値を世の中に創り出したいと考えています。同時に、利用者の皆様には安心・安全にFacebookをご利用いただけるよう、様々な啓発活動を実施しています。

主な支援プログラムは以下の通りです。

  • 「#100年ずっ友プロジェクト」シニアの皆さまが身近にいる友人・知人はもちろん、遠隔地にいる家族や友人、そして趣味や興味関心が同じ仲間と繋がることで、毎日をより楽しくイキイキと刺激的に暮らしてほしいという考えのもと、安全・安心にFacebookを楽しんでいただくための支援や、より楽しくFacebookを活用するポイントを啓発するセミナーを開催します。
  • 青少年向けの安全利活用セミナー/Instagram活用セミナーの開催 青少年およびその保護者向けに、FacebookやInstagramを安心・安全に楽しんでいただくためのポイントや、自殺やいじめ、差別等の防止に向けたFacebookの取り組みと対策のポイント等について説明するセミナーや、写真や動画を投稿して繋がるビジュアルコミュニケーションのプラットフォームとして高い注目を集めているInstagramの活用方法について学んでいただくセミナーを開催します。

また、FacebookやInstagramの投稿を通じて神戸市民をつなぐ投稿キャンペーンや神戸で活動するNPO向けの活用セミナー等の実施も開催予定です。

今後の展開について

9月8日から14日にかけて、「#Kobeブルーウィーク」と題し、上述のプログラムを集中的に開催します。地域経済活性化についてのプログラムの詳細や応募方法は特設サイトでご確認いただけます。

今回の提携に際し、フェイスブック ジャパン 代表取締役 長谷川 晋は以下のようにコメントしております。
「私自身が居住していたこともあり、ゆかりが深い神戸市と連携することになり大変嬉しく思っております。Facebook/Instagramの利活用により、神戸の経済がより発展し、多くのコミュニティが更に活性化すればと願っています。9月8日から始まる#Kobeブルーウィークで、多数の神戸の企業家様、コミュニティの方々とお会いするのを楽しみにしております」

神戸市長 久元 喜造様のコメント
「FacebookやInstagramは、情報の発信あるいは入手する便利なツールとして若者を始めとした幅広い世代に活用されています。また、フェイスブックジャパン社は地域活性化のため全国各地で様々な取組みを進められており、神戸市としてその趣旨に賛同し、このような事業連携協定の締結に至りました。今後、幅広い分野でSNSを効果的に活用することで地域経済・地域コミュニティの活性化を図るとともに、SNSを適正に利用できる人材を増やすことで、神戸市が“安心安全なSNS活用の街”となることを目指します。」

また、「# Kobeブルーウィーク」を皮切りに、年間を通じて様々な支援プログラムを神戸市と共同で行っていきます。今後の継続的なサポートとして、地方を含む日本全国の中小・ベンチャー企業の成長を支援されているソウルドアウト株式会社(本社:東京都千代田区 代表取締役社長:荻原猛、以下ソウルドアウト)と連携し、「# Kobeブルーウィーク」に参加いただいたビジネスのフォローアップや今後の新規サポートも対応していく予定です。

ソウルドアウトグループ:地方を含む日本全国の中小・ベンチャー企業の成長支援をWebマーケティング、テクノロジー、HRの領域で展開しています。全国20営業所を中心に、対面営業を重視する地域密着型で、地方中小企業の言葉にならない課題やその独自性を理解し、それぞれにマッチしたソリューションを提供。Webを活用した事業のスタートアップからWebを活用する既存事業のアクセラレートまで、顧客の成長ステージに合わせた提案によって顧客企業の潜在能力を引き出し、それぞれの企業が自律自走できるまで寄り添いサポートします。