Facebookは6月28日(米国時間)、Facebookが提供するアプリにおける広告とFacebookページの透明性の向上のための重要なアップデートを発表しました。現在掲載されている広告についてより多くの情報を利用者に提供することにより、広告主が持つべき責任について明確にし、Facebook上での不正を防ぐことにつながります。

今回の発表でのアップデートは以下の通りです。

    • アクティブ広告の表示:広告がその利用者の方自身に表示されるかされないかに関わらず、FacebookページがFacebook、Instagram、Messenger、Audience Network上で掲載しているすべての広告についての情報を確認することができます。 Facebookページから「情報と広告」をクリックすると、そのページが現在掲載している広告が表示され、「広告を報告」をクリックすることで不審な広告を報告することが可能です。
    • その他のページ情報:Facebookページが広告の掲載をしていない場合でも、そのページについてより詳しい情報を確認することができます。例えば、最近行われたページの名称変更や、ページが作成された日付など確認することができます。今後数週間以内にさらに多くのページ情報を追加する予定です。

また、10月に実施されるブラジルでの総選挙に先駆けて、政治的広告のラベル表示とアーカイブ機能を新たにブラジルで開始します(アメリカでは5月より展開)。ブラジルにて政治的広告を出稿される広告主は来月より登録が可能であり、ブラジルの利用者の皆様は政治的な広告に関するラベル表示を目にすることになります。これらの広告は全てアーカイブされる予定です。

Facebook上に掲載されている広告の大部分は、新規顧客を開拓する中小ビジネスや資金を集める権利擁護団体、あるいは政治家のオフィスなど、公正な組織によって運営されています。一方で、私たちの広告が不正利用されるケースも過去に発生してきました。今回のアップデートはその不正利用への対処の第一歩であり、今後も改善の方法を模索していきます。Facebookページと、ページが掲載するすべての広告の透明性を高めることで、不正行為の根絶につながると同時に、不正行為をはたらこうとする広告主が自身の広告により責任をもつことにつながると考えています。