Instagramは2018年6月20日(米国時間)、縦型の長尺動画を楽しめる新たな単独アプリ「IGTV」をローンチしたことを発表しました。また同時に、全世界の月間アクティブアカウント数が10億を突破したことを発表しました。

IGTVは従来とはまったく違う、新しい動画の視聴体験を楽しめるアプリで、普段モバイルを使うときの画面の向き=縦型に合わせてデザインされています。Instagramでは従来、60秒までの動画のみ投稿・視聴が可能でしたが*、IGTVでは最長60分までの動画を楽しむことができます。
*フィードでは最大60秒、ストーリーズでは最大15秒の動画

IGTVのアプリを開くと、テレビをつけたときと同じように自動的に動画が再生されます。見たい動画やチャンネルを検索する必要はありません。Instagram上ですでにフォローしているクリエイターの動画や、興味関心に近いクリエイターの動画が表示されるため、すぐに好きなコンテンツを視聴できます。また、メイン画面から上部にスワイプすると、[おすすめ] [フォロー中] [人気] [視聴を再開] のタブが表示され、より多くのコンテンツを閲覧することができます。動画にいいね!やコメントをつけたり、ダイレクト機能を介して友だちとシェアしたりすることも可能です。


IGTVでは、クリエイター自身がチャンネルです。IGTVで新たにクリエイターをフォローすると、彼らのInstagramアカウントも自動的にフォローされるため、ストーリーズ投稿やフィード投稿もチェックできるようになります。また、Instagramアカウントを持っていれば、誰でもIGTVに動画を投稿することができます。

なお、単独アプリに加えて、Instagramアプリ内からもIGTVの機能を楽しむことが可能です。

今回の発表にあたり、Instagram共同創業者 兼 最高経営責任者のケビン・シストロムは次のように述べています。

「Instagramはこれまでも、人との繋がりからインスピレーションを受けたり、新しいことを知ったり、楽しみを発見したりする場であり続けてきました。IGTVが新しい章の始まりとなり、コミュニティの皆さまの力で、Instagramにおける動画の可能性がさらに広がることを楽しみにしています。IGTVを通して、大切な人や大好きなことと、皆さまの距離がいっそう近づけば幸いです。」

IGTVはiOS・アンドロイド版ともに、全世界で今後数週間以内に展開予定です。サービスの詳細につきましてはヘルプセンターをご参照ください。