Instagramは2018年5月1日(米国時間)、いじめコメントを自動的にブロックし、非表示にするフィルターを導入したことを発表しました。今回導入するコメントフィルターは、機械学習(マシンラーニング)を応用し、利用者が嫌がらせやハラスメントを目的としたコメントを目にする必要がないよう、自動的にブロックします。また、問題が繰り返し発生した場合、この機能が警告を発し、いじめに関わっているアカウントに対してInstagramが対応策を講じることができる仕組みになっています。

今回のコメントフィルターは、昨年6月に導入した不適切なコメントを自動的に非表示にするフィルター(主に特定のグループを標的とした誹謗中傷など、悪質なコメントが削除対象)に更なる改善を加えたものです。特定の利用者の外見や人格を攻撃したり、心身の健康を脅かすコメントが非表示の対象となります。

今回のアップデートにあたって、Instagram共同創業者 兼 最高経営責任者のケビン・シストロムは次のように述べています(ケビンからコミュニティに向けたメッセージの全文は、Instagramのプレスセンターからご覧ください)。

「本日よりInstagramでは、利用者への嫌がらせを目的とした、いじめコメントをフィルタリングする機能を導入します。私達はInstagram上でのいじめを容認しません。Instagramのコミュニティ規定では常に、プラットフォーム上でのいじめを禁止してきました。今回導入する新機能は、Instagramを思いやりにあふれる場所として維持していく取組みを、さらに一歩前進させるものです。」