Instagramは5月8日(米国時間)、企業がInstagramのプラットフォーム上でより簡単にビジネスを行うことができる新たなツールを追加することを発表しました。ダイレクト機能をより使いやすく改善するほか、ビジネスプロフィールにアクションボタンを追加します。

利用者の多くがビジネスのストーリーズ投稿やフィード投稿を閲覧後、ダイレクト機能を介しメッセージを送っています。毎月1億5,000万以上の利用者がビジネスとメッセージを交わしており、これらのやりとりの1/3はインスタグラム ストーリーズの閲覧がきっかけです。

これまでは潜在顧客からメッセージを受け取っても、メインの受信箱に表示されない*ために見落としてしまうことがありましたが、今後ビジネスプロフィールを利用しているアカウントは、新規顧客からのメッセージも一つの受信箱に表示されるようになります。また、重要なメッセージに★マークを付けたり、フィルターをかけて未読メッセージを探せるようになるほか、よくある質問に対して事前に用意した回答を簡単に返信できる機能のテストを数週間以内に開始する予定です。(*自分がフォローしていないアカウントからのメッセージはリクエストとして表示される

 

また、「チケット購入」「予約」などのアクションボタンをビジネスプロフィール上に追加できるようになります。ビジネスやサービスを発見するところから、購買行動まですべてのアクションをInstagramのプラットフォーム上で完結することができます。今回の導入はオンラインイベント登録/チケット販売会社のEventbrite、レストラン予約サービスのResyなど、25を超えるパートナーとの提携により実現されました。

ヨガスタジオGirlvana Yoga(@girlvanayoga)を経営するAlex MazerollaはInstagramについて下記のように述べています。「ヨガスタジオを利用する多くのお客様はInstagramを通して私たちを知るため、アプリ内のダイレクト機能を通じてメッセージのやり取りをする方が、他のメール機能を利用するよりもはるかに便利です。」

Instagramのビジネス利用につきましてはInstagram Businessをご確認ください。