Facebookは、5月1日(米国時間)、開発者カンファレンス「F8」で、利用者のプライバシー保護のための機能、「履歴のクリア」の導入計画について、発表しました。

32081584_2005856416109906_8392285711776088064_n
Facebookは、利用者の皆様、プライバシー擁護者の皆様、プライバシー規制当局から寄せられたフィードバックに応えるために、この機能の構築を開始しました。そのフィードバックは、Facebookのサービスを利用するウェブサイトやアプリケーション(以下、アプリ)から、Facebookに送信された利用者の皆様のデータについて、より多くの情報を提供し、利用者の皆様がより管理できる環境を整えるべきだ、というものでした。

「いいね!」ボタンやFacebookアナリティクスなどの機能を利用するアプリやウェブサイトは、情報をFacebookに送信します。この情報はFacebookでの掲載するコンテンツや広告の改善など利用者の皆様の体験をより良くすることにも活用されています。「履歴のクリア」を使うと、利用者の皆様がウェブサイトやアプリを利用した際に、Facebookに情報を共有しているかどうかを確認したり、共有された情報を自身のアカウントから消去したり、 Facebookが今後その情報を利用者の皆様のアカウントに紐づけて保持できなくするオプションを選択することができます。

履歴を消去したり、または新たな設定にすると、Facebookは利用者の皆様を特定するための情報を消去するため、利用者の皆様がどのようなウェブサイトやアプリを利用したかという履歴は、利用者の皆様のアカウントに紐づけられなくなります。ただし、あるアプリが特定の年齢層において男性か女性、どちらに人気が高いかを開発者に伝えるなどの、アプリやウェブサイト向けの統計情報の提供は引き続き行います。統計情報は、利用者の皆様の情報をアカウントに紐づけて保持しなくても、提供可能です。また、利用者の皆様を特定することができる情報を広告主と共有することは決してありません。

「履歴のクリア」機能は、数か月以内に提供開始する予定です。その間、プライバシー擁護派の皆様、学者の皆様、政策立案者の皆様、規制当局の皆様と協力し、利用者の皆様を特定することができる情報の削除方法や、セキュリティを目的として情報が必要となった場合どうするかなど、Facebookのアプローチに対するご意見を集めます。すでに世界中でご意見をお聞きする機会を設けており、4月にFacebook本社で行われたセッションでは、すでに、情報の管理について具体的な要望を受けています。今後、さらにこうした取り組みを進めていく予定です。


画像ダウンロード