Facebookは10月26日(米国時間)、企業向けコミュニケーションプラットフォーム「Workplace(ワークプレイス)」が提供開始から1周年を迎えたことを発表しました。日本国内では一部のパートナー企業さまとの試用運用を経て今年5月より提供を開始しています。Workplaceは、ニュースフィードやグループ、チャット、ビデオ、ライブ動画などFacebookと同様の機能を利用しながら、企業内のコラボレーションや業務効率化の促進をサポートします。また、モバイルファーストのプロダクトであることから、世界中どこにいても円滑に同僚と働くことが可能です。

現在、全世界でWorkplaceを導入する組織・団体は3万を超え、この半年で2倍以上に増加しています。この一年で、100万件を超えるグループがWorkplace上で作成され、チーム作業の円滑化、効率化を図り、作業の中心となるサービスとして活用されてきました。

  • 現在、世界中で3万以上の組織・団体がWorkplaceを利用しています。
  • これまでWorkplace上で作成されたグループは100万件以上です。
  • Workplaceは南極大陸を含むすべての大陸にて、79ヵ国語で利用されています。

また今回の発表に合わせて、Workplaceのアップデートを3点お知らせいたします。

  • Workplace ChatのデスクトップアプリがiOS、Android、Mac、またはPC上でもダウンロード可能となります。
  • 今後数週間で、Workplaceでのグループビデオ通話機能が利用可能になります。
  • デスクトップ版、モバイル版の両方において一貫性のある新しいデザインを導入します。これにより両プラットフォーム上での操作がより容易になります。

 

導入企業事例のご紹介

沖縄県那覇市に本店を置く琉球銀行では、導入後1カ月で250を超えるグループが誕生。グループでのコミュニケーションだけでなく、社内イベントで頭取から全職員向けにライブ動画でメッセージを配信、株主総会において事務局と議長の間のコミュニケーションにチャット機能を用いるなど、さまざまな形でWorkplaceを活用いただいています。
琉球銀行の頭取である川上 康氏から、以下のようにコメントを頂いております。
「琉球銀行は、世界の最新ツールの導入にチャレンジしながら、より良い銀行内コミュニケーションを構築し、お客さまに新しい価値をご提供できるよう努めていきます。」

また、グローバルにおいても今年9月よりWorkplaceを導入したアメリカの小売り最大手のウォールマート(Walmart)社は、本社の人間と店頭で顧客に接する従業員との距離や、店舗間での距離感を縮める手段としてWorkplaceを活用しています。
ウォールマートの最高情報責任者(CIO)であり執行役員でもあるクレイ・ジョンソン氏(Clay Johnson)から、以下のようにコメントを頂いております。
「適切なテクノロジーは従業員の意欲向上に繋がると考えています。我々と共通したミッションを持つWorkplaceと共に、これからも次世代の働き方を構築していきます。」

Facebookは職場も重要なコミュニティの1つと考えています。今後もWorkplaceを通じて企業内のコラボレーションや業務効率化を促進し、企業の働き方改革のサポートをしていきたいと思います。