Facebookは7月11日(米国時間)、Facebook MessengerにおけるMessenger広告のベータ版を、すべての国と地域で提供開始することを発表しました。以前よりオーストラリアとタイで実施していたベータテストで良好な結果が得られたため、対象地域を拡大しました。間もなく世界中のビジネスがFacebookのターゲット設定機能を使って、Messenger利用者にリーチすることができます。

今回の発表により、規模を問わずあらゆるビジネスが、既存顧客や潜在顧客と有意義な形でつながるための、新しい手段を手にすることになります。毎月12億人以上が利用するMessengerは、マーケティングキャンペーンのリーチを広げ、ビジネスにより多くの機会を提供します。

翌月にかけて、世界中すべての広告主にMessenger広告を徐々に公開し、月末には一部の利用者に向けMessengerアプリのホームタブに広告が表示され始めます。