Live 360 Features

Facebookは7月25日(米国時間)、Live 360 Ready Programを導入し、より簡単に360度ライブ配信を楽しむことのできるLive 360の新機能を追加したことを発表しました。

3月にLive 360がすべてのページとプロフィールに導入されて以降、驚くほど多くの利用者に360度ライブ配信が活用されています。人々は結婚式や友達と過ごす休暇などの様子をシェアし、パブリッシャーやクリエーターは、スポーツチームのウォームアップ風景やバンドのライブステージの様子など舞台裏を垣間見れるようなユニークな体験を提供しています。

Live 360 Ready Programとは

新しく導入された「Live 360 Ready Program」は、厳選された数々の第三者機関の360度カメラやソフトウェアソリューションにより、Facebook上で素晴らしい360度ライブ配信を体験することを可能にします。現在、10種類のカメラと7種類のソフトウェアがあり、幅広い選択肢を用意しています。携帯からライブ配信をして自分の体験をシェアすることもできれば、高機能カメラやソフトウェアソリューションを必要とするパブリッシャーが、高度な作品を作ることもできます。

各カメラのアプリやウェブを経由して、Facebookでリアクションをしたり、コメントをしたりすることを通じ、友達やフォロワーとコミュニケーションを取ることができます。Live 360 ReadyProgramに対応しているカメラやソフトウェアは、パッケージやウェブサイト上にFacebook Liveのロゴが表示されています。現在、Live360に使用できるカメラとソフトウェアは次の通りです。

  • カメラ
    Giroptic iO, Insta360 Nano, Insta360 Air, Insta360 Pro, ION360 U, Nokia Ozo, Z CAM S1, 360Fly HD, 360Fly 4K, 360Fly 4K Pro
  • ソフトウェア
    Assimilate SCRATCH VR, Groovy Gecko, LiveScale, Teradek, Voysys, Wowza, Z CAM WonderLive

カメラやソフトウェア関連の企業の皆様で、Live 360 Ready Programへの参加を検討されている方々は、facebook360.fb.com/live360をご確認ください。

Ready Cameras - V1

VRでの4K 対応の360度ライブ配信

Live 360は現在、4Kに対応しています。これにより、視聴者はこれまで以上に高画質な360度ライブ配信の映像を楽しむことができるようになります。そしてついに、利用者は4K画質の360度ライブ配信をVRで見ることができるようになります。オキュラスストアから無料で入手できるGear VR用アプリ「Facebook 360」を使えば、リアルタイムであるかないかを問わず、360度ライブ配信の映像をVRで見ることができます。Live 360を使って、素晴らしい瞬間を4K画質でシェアし、友達やフォロワーに臨場感あふれるVR映像を体験してもらうことが可能になります。

Live 360 4K + VR

「募金するボタン」と予約配信

Live 360に、Facebook Liveの人気機能である「募金するボタン」と「予約配信」を導入しました。どちらの機能も、Live API.を使って動画に追加できます。

「募金するボタン」を使えば、Live 360の配信中に、認証ページで非営利団体(米国に本拠を置く第501(c)(3)条団体)のための募金を集めることができます。また、非営利団体が360度ライブ配信に「募金するボタン」を追加することで、視聴者に支援を求めることもできます。

「予約配信」の機能を使えば、視聴者がいつアクセスすればよいかが分かり、ライブ配信する側も、視聴者が既に待っている状態で配信を始めることができます。この「予約配信」機能は、Live API またはライブ配信ツールを通じて、Live 360でも利用することができるようになり、ライブ配信の正確な時刻をフォロワーに知らせることができます。ライブ配信の通知はニュースフィードに表示されるほか、通知を受ける利用者は、配信直前にリマインダーが通知されるように設定すれば、アラートを受け取ることができます。この機能で360度ライブ配信を告知し、視聴者の口コミや期待感を醸成するために活用してもらいたいと考えています。

「募金するボタン」の追加や「予約配信」の設定について詳しく知りたい方は、https://facebook360.fb.com/live360/ にアクセスして、「Live 360スタートガイド」をダウンロードしてください。

ライブ配信後の体験

ライブ配信終もすぐれた視聴体験を提供するため、Live 360に「スタビライズ機能」を追加しました。動画に多少のブレがある場合、アルゴリズムが発見し映像を補正してくれます。

またLive360配信後、ガイドツールを使って、配信の中の一番の見どころを紹介することができます。 このツールで見どころを設定すれば、自動的にその部分に視聴者を誘導することができます。動画を編集する際には、「360 Controls」タブを通して、「360 ガイド」にアクセスできます。「360 ガイド」ついて、詳しくはこちらをご覧ください。

360度ライブ配信の最も注目を集めた部分を知りたい場合は、「ヒートマップ」をご覧ください。このツールを使えば、視聴者がどの部分に最も関心をもったかを知ることができます。「ヒートマップ」は、ユニークアクティブビューアー数が20,000人以上の動画が対象となり、「ページインサイト」からアクセス可能です。ヒートマップについて、詳しくはこちらをご覧ください。

また配信先を増やすため、360度ライブの配信終了後、クロス投稿することができます。クロス投稿によって、異なるページや投稿で動画が再利用され、より幅広い視聴者へ届けることができます。詳しくはこちらをご覧ください。

Guide

Live 360の週末イベント

Facebookは今週末、才能あるクリエーターとのネットワークを持つBlend Mediaと提携して、上記で紹介した様々なカメラを使い、世界各地で作成されたLive 360の映像をシェアします。日本からはLIFE STYLEが参加します。

これらの映像は米国時間7月28日(金)~30日(日)までご覧いただけます。詳細については、Facebook 360ページ をフォローしてご覧ください。

Downloads:
画像ダウンロード