Facebookは6月26日(米国時間)、Messengerの「ビデオチャット」に新しい機能を追加したことを発表しました。追加したのは、動くリアクション、フィルタ、マスクやエフェクト、そしてスクリーンショットの機能です。これらの機能は、1対1の「ビデオチャット」でも、グループの「ビデオチャット」でも楽しむことができます。新しい機能の追加により、感情をより豊かに表現したり、フィルタを追加して自撮りを楽しんだり、熊のキャラクターのマスクで友達を笑わせたり、一緒に写真撮影をしたりすることができるようになりました。


動くリアクション
Messengerでの感情を表す5つの顔文字アイコン「超いいね!」、「うけるね」、「すごいね」、「悲しいね」、「ひどいね」にアニメーションがつきました。リアクションを選択すると、画面の中で動き、感情を表現することができます。より楽しんでもらえるように、ほとんどのリアクションには、自分の顔が画面に映っているか否かによって、異なるアニメーションが施されました。

フィルタの追加
Messengerの新しいフィルタを使って、利用者の気分を表すことができるようになりました。様々な種類のフィルタから、明るさを調整したり、モノクロにしたり、赤と黄を基調とした色合いにしたりすることができます。また設定したフィルタは、公開前にプレビュー機能で確認することができます。

スクの拡充
Messengerのマスク機能がラインナップを拡充し、さらに多くのマスクを楽しめるようになりました。中には、顔の動きに反応する隠れたエフェクト機能を備えたマスクもあります。また、動くハートのエフェクトやキラキラ輝く星のエフェクトなども追加され、「ビデオチャット」での表現がさらに豊かになります。エフェクトを使用したときに、カメラの前で手を振ると、その動作に反応するものもあります。マスクとエフェクトは、オフにするか別の種類に切り替えるまで画面上に表示され続けます。

写真の保存と送信
「ビデオチャット」の利用者は、家族との1対1のチャットでも、親友とのグループチャットでも、チャットの様子をスクリーンショットで残し、それを友達と共有する傾向にあります。そこで、この度のアップデートでは、より簡単に「ビデオチャット」での思い出を保存して共有することができる機能を追加しました。カメラのアイコンをタップすると「ビデオチャット」の様子が撮影され、携帯電話に保存されます。そこから、「Messenger Day」や他のソーシャルメディアに投稿できるようになりました。また、一緒に「ビデオチャット」をしている相手やグループに写真を送ることもできます。今回のアップデートにより、家族や友人と「ビデオチャット」を楽しみながら、「超いいね!」のリアクションをしたり、モノクロのフィルタや花冠のマスクをかけたりして写真を撮影し、共有することができるようになりました。

Messengerを利用者が、これらの新しい機能をこれまでと同じように喜んで使ってくれることを願っています。

 

Downloads:
Messenger ビデオチャット 製品動画
画像ダウンロード