Instagramは2017年6月29日(米国時間)、スパムコメントを自動的にブロックし、非表示にするスパムフィルターを追加したことを発表しました。

Instagramに日々投稿される数百万件ものコメントのうち、スパムはごく少数です。しかしInstagramでは、スパムはコミュニティに悪影響を及ぼすものとして、そのようなコンテンツをプラットフォーム上から排除するよう、積極的に改善に取り組んでいます。今回導入するスパムフィルターは機械学習(マシンラーニング)を応用した最新技術を用いたもので、利用者がスパムコメントを目にする必要がないよう、そのようなコメントを識別し、自動的に非表示にします。

Instagramでは、この技術を既に英語のスパムコメントに活用しており、その効果は証明されています。今回のアップデートで、新たに日本語を含む8の言語がスパムフィルターに対応するようになります。

また、不適切なコメントを自動的に非表示にするフィルターも同時に導入します。コメントフィルターはまず英語版が利用可能になり、その他の言語も順次対応する予定です。

Instagramでは、利用者が安心して自己表現できるよう、プラットフォームを安全に保つために様々な取り組みを行っており、今回のアップデートもその一環です。今後もコミュニティがInstagramをより快適に楽しめるよう、機能の改善を続けていきます。

機能の詳細に関しては、Instagramの日本語公式アカウント@instagramjapanをご参照ください。