Facebookは4月27日(米国時間)、Facebook Messenger の軽量版アプリ「Messenger Lite」の提供地域を拡充したことを発表しました。Messenger Liteは通常版Messengerよりもスリム化し、インターネットの通信速度が低速の地域や、最新のデバイスを持っていないユーザーも快適に使うことができます。2016年10月に初めてローンチされて以来対象国を広げ、本日より、日本を含む世界150カ国以上のほぼ全ての国と地域での使用が可能となりました。

Facebookでは、人と人とを繋ぎ、よりオープンな世界を実現することを目的とし、Android端末で使用可能な「Messenger Lite」のサービスを開始しました。軽量化された「Messenger Lite」は、通常版Messengerの主要な機能をそのまま利用でき、簡易のAndroidスマートフォン端末が普及し、またインターネットの通信速度が世界平均よりも低速な地域を対象に作られています。Messenger Lite によって、相手がMessenger、Messenger Liteのどちらを使用しているかに関わらず、より簡単に、そして素早くメッセージや写真、リンクなどを送ることが可能です。

Messenger Liteは10MB以下の容量のため短時間でインストールが可能で、すぐに使い始めることができます。通常版Messengerの主要な機能を有し、メッセージのやりとりはもちろん、写真やリンクの送受信やスタンプを受け取ることもできます。また今回のバージョンでは、絵文字やスタンプを送ったり、オンライン中を表す緑の丸印を表示するほか、グループのメンバーを閲覧、削除することも可能となり、これまでよりも機能を拡充しています。Messenger Liteのロゴは通常版と同じく稲妻のロゴを使っていますが、稲妻は青、背景の吹き出しは白と、配色が反転しています。

Messengerは、世界中の異なるネットワークの通信環境下で、さまざまなデバイスから、毎月12億人以上に利用されています。Messenger Liteによって、ネットワークの状況やAndroid端末のストレージの制限を気にすることなく、いつでもつながることができ、また、テクノロジーの種類やアクセスの有無に関係なく、皆様にMessengerの体験を提供します。Facebookは、軽量化されたMessenger Liteを通じて、人々が友達、家族、コミュニティとより簡単に、そして快適につながることを願っています。

Downloads:
画像・動画ダウンロード