Facebookは3月23日(米国時間)、1対1あるいはグループでのコミュニケーションに便利なMessengerに、「メッセージリアクション」と「メンション」の2つの機能を新しく追加しました。新機能の追加により、Messengerを使ったグループ会話が、より機能的、効率的に、かつ楽しくなります。

メッセージリアクション
「メッセージリアクション」は、メッセージに対して特定の感情を込めたリアクションを返すことができる機能で、メッセージの確認や、メッセージに対してどう感じたかを、すぐに、そして気軽に送ることができます。例えば、誰かが可愛いペットの写真を送ってくれたら「超いいね!」と反応したり、夕食会を企画してくれている人には「いいね!」か「いけてないね」で好みを伝えたりすることができます。

リアクションするには、メッセージを押しながら指をスライドさせて「超いいね!」「うけるね」「すごいね」「悲しいね」「ひどいね」「いいね!」「いけてないね」の絵文字から選択します。

Reactions 1
どんなリアクションがあったかは、各メッセージの下に表示されます。リアクションの種類ごとに、リアクションした人数も確認できます。リアクションの絵文字をタップすると、誰がどのリアクションを返してくれたかも分かります。

Reactions 2
送ったメッセージに対して誰かからリアクションがあると、メッセージを開いた時に絵文字のアニメーションが大きく表示されます。

Reactions 3
また、誰がどのようなリアクションをしたのかを教えてくれるお知らせも届きます。

Reactions 4
「メッセージリアクション」ではMessenger専用の絵文字を使用します。1対1の会話でもグループ会話でも使うことができ、テキスト、スタンプ、動画、GIF画像だけでなく、他の絵文字に対してもリアクションを返すことができます。

メンション
「メンション」とは、会話の中で誰かの名前を言及(メンション)すると、その人に直接通知される機能です。誰かをメンションしたい時は、「@」を入力してからその人の名前を入れるか、名前またはニックネームの最初の数文字を入力します。

メッセージが送信されると、テキストがハイライトされ、グループスレッド内の他のメンバーにも分かる状態になります。その中でメンションされた人は、画面に表示される「返信」ボタンをタップできます。

Mentions 1
自分がメンションされている場合は、グループスレッドで返信を見ることができ、メンションされたことが分かるお知らせも受け取ります。直接お知らせを受け取ることで、すぐに会話に入り、質問に答えたり、返事を返したりすることが簡単にできます。

Mentions 2
グループスレッドの中で誰かがメンションされていることは、スレッドに参加しているメンバー全員に分かり、従来通りメンバー全員にお知らせが届きますが、メンションされたことはグループ内でお知らせの設定をオンにしている人だけに通知されます。このお知らせ機能のオン・オフはいつでも切り替え可能です。

この2つの機能はアメリカで本日から利用可能となり、近日中に日本でもご利用いただけるようになります。
詳しくは、「メッセージリアクション」についてはヘルプセンターのこちらを、「メンション」についてはこちらをご覧ください。

Downloads:
画像ダウンロード