Facebookは3月23日(米国時間)、商品の詳細を動画や写真で確認しながらスムーズに買い物ができる新広告フォーマット「コレクション」を発表しました。コレクション広告では、目を引くビジュアルで商品を見つけやすくし、関連性の高い商品の一覧が表示されることで購入をしやすくできます。メインのビジュアル(動画または静止画)の下に商品画像が4枚並んだ状態で配信され、広告がタップされると瞬時にフルスクリーン表示に切り替わります。フルスクリーンの状態からは、最大50枚の商品画像でウェブサイトまたはアプリへと誘導することができます。コレクション広告は、本日より世界中で順次展開され、日本でも数ヶ月内に全広告アカウントでご利用いただけるようになる予定です。

モバイルは、私たちのショッピング体験を大きく変えました。いまや多くの人がモバイルで商品を知り、調べ、購入しています。米国では、カスタマージャーニーのうちモバイルがらみの行動が占める割合は45%にも達しているという調査結果が出ています1。しかし一方で、モバイルでのショッピング経験には、まだまだ改善の余地が残されています。たとえば、ウェブサイトの読み込みが遅すぎたり、使い勝手が悪すぎて、せっかく買う気になってくれたお客様が離脱してしまうといった問題が起きています。このような現状を改善すべく、今回コレクション広告を開発するに至りました。

消費者の4人に3人は、ソーシャルメディア上の動画が購買判断に影響すると答えています2。アディダスやトミー・ヒルフィガーといったブランドは、コレクション広告で動画と商品カタログを効果的に組み合わせ、早くも成果をあげています。コレクション広告を利用したキャンペーンの詳細についてはFacebookのビジネスブログFacebook Businessをご確認ください。

また、フルスクリーンで展開される広告フォーマット(コレクションおよびキャンバス)のパフォーマンスについて、より詳細なインサイトを提供すべく、Facebookでは新指標「アウトバウンドクリック」のテストを数週間内に開始する予定です。この指標を利用することで、コレクションやキャンバスといったFacebook内の遷移先から最終的にFacebook/Instagram以外のウェブサイト(広告主サイト)またはアプリへと遷移した回数が把握できるようになる為、利用者の行動や広告パフォーマンスがより明確になります。

  1. GfK「Omni-channel Shoppers」(2015年9月):Facebookの委託により、チャンネルごと(タブレット、携帯電話、PC、実店舗)の購入行動の主な違いを数値化する目的で、3ヶ月以内に主要5カテゴリ中1つの商品をオンラインで検索・購入した米国在住の18歳以上2,407人を対象にオンライン調査を実施。
  2. Brightcove「The Science of Social Video」(2016年11月):Vanson Bourneの委託により、英国、フランス、ドイツ、米国、オーストラリアの18歳以上5,500人の動画視聴者を対象に調査。