Facebookは2015年3月9日、「Facebookを活用した災害対策と対応」ガイドを発表いたしました。

jpguide

Facebookは、災害への備え、実際に緊急事態が発生した際の対応、そして 復旧への取り組みに、有益なツールとして活用いただけます。

災害の発生時には、行政機関や団体、そして個人レベルで、それぞれさまざまなリソースから信頼できる情報をタイムリーに収集して迅速に配信することが可能です。

周りの人達や地域住民と団結したり、救助隊から受け取った重要な最新情報を共有するためにもFacebookは利用いただけます。

このガイドでは、災害への事前の対策、災害時の対応、そして復旧のためにFacebookを最大限に活用いただくために参考となる機能や事例をご紹介し ます。

なお、Facebookは2014年10月より、災害発生時の安否確認に役立つ機能『災害時情報センター』を提供しています。こちらの機能の詳細については、下記ニュースルーム発表をご覧ください。

■災害時情報センターのご案内
https://ja.newsroom.fb.com/news/2014/10/safetycheck/