Instagramは1月11日(米国時間)、投稿内容が24時間で自動的に消え、日常のあらゆる瞬間を気軽にシェアすることができる「インスタグラム ストーリーズ (Instagram Stories)」における広告の試験運用開始を発表いたしました。また、昨年8月に日本で提供開始したビジネスツール内でインスタグラム ストーリーズの投稿に関するインサイトも閲覧可能になります。

インスタグラム ストーリーズは現在、世界中で毎日1.5億人を超える人々が利用しています。広告の導入によって、広告主はより視覚的で没入感が高く、直感的な形式で消費者に有益な情報を届けることができるようになります。

  • 広告の試験運用開始

資生堂、ナイキ、ユニリーバの「ダヴ」、ゼネラルモーターズ、エアビーアンドビーなど30を超える広告主がインスタグラム ストーリーズ内で広告を試験運用します。今後数週間をかけてグローバルで展開していく予定です。

  • ビジネスツール内でインスタグラム ストーリーズのインサイトを閲覧

インスタグラム ストーリーズに関するリーチ、インプレッション数、返信数などのインサイトを閲覧できるようになります。広告主に限らず、ビジネスプロフィールを利用しているアカウントであればどなたでも閲覧可能です。

 

Instagramはビジネスとの親和性が高いプラットフォームです。利用者の70%がInstagram上で何らかのビジネスアカウントをフォローしており、最も閲覧されたインスタグラム ストーリーズの投稿のうち、3分の1はビジネスによるものです。

Instagramは、世界中のさまざまな利用者やブランドが写真や動画を介してつながり、ビジネスの成長・拡大においても必要不可欠な場所であるよう、今後も様々なツールの提供や機能の改善を行っていきます。