Facebookは11月15日(米国時間)、ページマネージャアプリの受信箱をアップデートし、Facebook、Instagram、Messengerのアカウントをリンクさせて、各チャネルでのコミュニケーションを一括管理できるようになりました。

さまざまなコミュニケーションチャネルが登場し人気を集める中、ビジネスはオンラインでの情報管理により多くの時間をあてています。今では、数百万ものビジネスがFacebook、Instagram、Messengerを併用して顧客と交流し、Facebookページだけをとっても、毎月50億件近くのコメントやメッセージ、ビジター投稿が寄せられています。

今回のアップデートにより、Facebook、Instagram、Messengerにわたってコミュニケーションをアクティブに管理しているビジネスは、1つのアプリ内ですべての問い合わせに対応し、時間を節約できるようになります。3つのチャネルすべての新着メッセージを手早くチェックし、重要なメッセージを見逃すことがなく、これまで以上に簡単に、いつでもどこでも顧客に対応できるようになります。
updated_inbox_1

また、受信箱のアップデートに加え、自身のビジネスと交流している利用者の基本情報を簡単に見ることができる機能も追加しました。相手の名前をタップするだけで、その人が公開しているプロフィールや、自身のビジネスとの過去の対話履歴などを見ることができるため、その情報に基づいてコミュニケーションをカスタマイズすることが可能です。この機能は現在、受信箱の中のFacebookでのコミュニケーションに対応しています。

updated_inbox_2

今回のアップデートは、ページマネージャモバイルアプリの利用者全員を対象に、これから数週間をかけて世界中に展開され、近日中にはウェブバージョンでも利用できるようになる予定です。