インスタグラムは2016年10月14日(米国時間)、自殺や自傷行為の可能性がある利用者にサポートを提供したり、そのような方の友人や家族のためにリソースを紹介するツールをアップデートしたことを発表しました。

newsroom_1

自殺や自傷行為をほのめかす投稿を発見した場合、利用者はインスタグラムへ報告することができます。今回のアップデートによって、自分を傷つける恐れがあると思われる友人に向けて、彼らに役立つ情報をインスタグラムから提供できるようになりました。当事者に提供されるリソースは、「友人に相談する」、「ヘルプラインに連絡する」、「アドバイスやサポートを得る」の3つのオプションです。インスタグラムは世界中で40以上の団体のヘルプラインと提携しており、日本では「いのちの電話連盟」や「東京自殺防止センター」と協力体制にあります。

newsroom_2
本ツールの利用方法は下記の通りです。
1) 自殺や自傷行為をほのめかす投稿を発見したら、投稿右上の「…」をタップし、「報告する」を選択します。
2)「不適切である」をタップします。
3)「報告する」の画面で、「自傷行為」を選択します。
4)「自傷行為として報告しますか?」の質問で「報告」をタップします。

インスタグラムのコミュニティが成長を続ける中、常に利用者が安心して自分自身を表現し続けられることを大切にしています。そのためには、利用者がシェアするコンテンツとインスタグラム上での体験を自分で管理できることが重要だと考えます。これからも、コミュニティの安全を守り、すべての人にとってポジティブでクリエイティブなプラットフォームであり続けるために新しいツールを導入します。