Facebookは、2016年9月27日(日本時間)、日本の女性起業家を支援する「#起業女子」プログラムをローンチいたしました。「#起業女子」は、複数回に渡るワークショップやトレーニングセッション、オンラインでの情報提供を通じて、女性起業家がオンラインでビジネスを構築し、成長させるために必要な知識や人脈、スキル、テクノロジーを身に付けることができるプログラムです。Facebookは、Girls in Tech Japanとコラボラボと共同でこのプログラムを推進し、共に日本の女性起業家の支援と育成に注力します。

%e8%b5%b7%e6%a5%ad%e5%a5%b3%e5%ad%90_%e9%9b%86%e5%90%88%e5%86%99%e7%9c%9f

Facebookは、国際女性デーである今年3月8日、女性起業家の情熱を具現化させるための国際的なイニシアチブとして「#起業女子」(#SheMeansBusiness)をスタートしました。 以来、12カ国でローンチし、6,500人以上の女性をトレーニング、14の教育パートナーシップを構築、オンラインの取り組みを通してリーチした女性は3,250万以上に上ります。日本でのローンチイベントは本日東京で開催され、オンラインでのビジネスの構築方法を学ぶため、FacebookおよびFacebookのパートナーであるGirls in Tech Japanとコラボラボから招待された女性起業家が集まりました。

イベントには参議院議員の松川るい氏も出席し、「起業というのは、女性だけでなく男性の働き方も変える重要分野だと考えています。Facebookのように世界を牽引するSNSに、日本の起業文化、「起こし業」を一つの大きな産業になるよう引っ張っていただければと思っています。いま自民党政権も働き方改革に積極的に取り組んでおりますので、一緒に日本を変えていきましょう」と述べました。

Facebook Japan代表取締役の長谷川晋は、以下のように述べました。「女性の活躍は、よりよい社会への創造へとつながります。「#起業女子」プログラムの目的は2つです。まず、ビジネスを成長させるためのツールや仲間、ネットワークを女性起業家に提供すること。そして、彼女たちの活躍が社会や経済全体の成長にとって重要であるという認識を高めることです。Facebookは本プログラムを通して、Girls in Tech Japanとコラボラボ両パートナーの協力を得ながら、日本で起業をしたりビジネスを営む女性に光を当てていきます。彼女たちがより一層力を発揮できるよう支援することで、その家族やコミュニティはもちろん、究極的には日本経済の成長のためにもなると信じているからです。」

Facebookページを持っている中小企業は世界中で6,000万にものぼり、女性が経営する新規の中小企業の Facebookページ数は、去年のほぼ2倍となりました。日本では、女性が経営する新規の中小企業のFacebookページの数は2014年から2015年の間で約39%増加しました。これらのFacebookページを通じて、女性起業家は世界中にいる既存顧客や新規のカスタマーとつながり、自身のビジネスを成長させています。

Girls in Tech Japanマネージングディレクターの加藤愛子氏は、「Girls in Tech Japanは、イベントやワークショップ、メンターシッププログラムを通して、技術系女性の起業家精神の育成、イノベーションのきっかけとなりうる機会の提供、STEM(科学・技術・工学・数学の)分野への女性進出を加速します。Facebookの「#起業女子」プログラムによって、ビジネスを築くという道のりのスタート地点にいる女性たちはもちろん、すでに確立した事業を行っている女性起業家たちもが互いに繋がり、学び、助け合うことができます。これにより、彼女たちは結果を出すことができ、信頼できる、革新的なビジネスを成功させることができるのです。私たちは、Facebookのパートナーとしてこのプログラムに携わり、日本の女性起業家を支援できることを誇りに思います。」と語りました。

株式会社コラボラボ(女性社長.net企画運営)代表取締役の横田響子氏は、「コラボラボは日本最大級の女性社長コミュニティサイト「女性社長.net」を運営、内閣府と共催イベントを実施するなど女性起業家の事業継続サポートを行っております。私たちはFacebookと協力し、こうして「#起業女子」プログラムを日本の女性起業家の皆さんにご紹介できることを嬉しく思います。このプログラムには、自分のビジネスを始めたり、成長させるために必要なツールを女性起業家に提供するのはもちろん、日本社会や経済全体の発展のために女性起業家の活躍がいかに重要であるかという認識を広める役割も期待しています」と述べました。

外務省総合外交政策局女性参画推進室の田中法子氏は、以下のように述べました。「男女格差を示す指数のランキングで、日本は世界の中で101位と低い状態が続いています。女性の活躍を阻む要因は、法律、制度、教育、伝統など色々言われていますが、一番大事なのは女性自身の意識ではないでしょうか。女性がこんなことをしたらどう思われるかな、もうそんなに若くないし、と自分で自分を縛っていませんか。技術革新はどんどん進んでおり、私たちは学歴や年齢、場所に関係なく社会と関われるようになりました。皆さんのアイディアを実現する環境は整っています。今こそ思い込みはやめて一歩踏み出し、日本の、世界の女性をインスパイアして下さい。」

プログラムの一環として、Facebookは世界中のスモールビジネスを行っている女性たちのビジネスページや写真、動画などをハッシュタグ「#SheMeansBusiness」や「#起業女子」を使ってタイムラインにシェアし、人々に勇気を与える女性起業家に敬意を示すことを奨励しています。彼女たちは情熱をビジネスに変え、自身の家族やコミュニティ、国や世界に対して多大な影響を与えています。

「#起業女子」プログラムの詳細については、こちらからご覧ください。