インスタグラムは、2016年9月12日(米国時間)、インスタグラムを利用者の皆様にとって安全な場として保つための新たな試みとして、特定のキーワードを指定し、それらが含まれるコメントを自動的に非表示にする新しいコメントツールを発表しました。

%e2%9d%a4

この機能は、すべての利用者がプロフィール画面から設定することができます。不快である・不適切であると感じるキーワードを登録しておくと、その言葉を含むコメントは、あなたの投稿に対するコメント欄には表示されなくなります。インスタグラムが提供するデフォルトのキーワードリストは、現時点では英語のみの展開です。また、自分で単語を登録できるカスタムキーワードは、単語の間にスペースがある英語などの言語に対応しています。近い将来、日本語や韓国語などの言語にも対応していく予定です。

japanese

インスタグラム共同創業者兼最高経営責任者のケビン・シストロムは、「世界中のコミュニティメンバーの皆さんにとって、インスタグラムがポジティブな自己表現の場であり続けるために、コメントツールという新たな機能を導入することにしました」と述べています。

インスタグラムは、常に「コミュニティ・ファースト」というビジョンを持ち、コミュニティの声に耳を傾けながら、インスタグラムが多様なバックグラウンドを持つ人々がお互いに支え合い、ポジティブで楽しい場となるように努力を重ねてきました。元シリア難民で米国に移住し現在コネチカット州で暮らす18才のアハメド・バドルさん(@mesopotami)のようなコミュニティメンバーは、多様な考えを表現し、他の人々とつながるための場をインスタグラム上に作り上げてきました。インスタグラムでは、コミュニティが成長を続ける中で、利用者が常に安心して自分自身を表現し続けられることを大切にしています。そのためには、利用者が投稿するコンテンツに関する体験を自分で管理できることが重要だと考えています。

このような複雑な課題に対する解決策はひとつではありません。インスタグラムはこれからも、コミュニティの安全を守り、インスタグラムがすべての人にとってポジティブでクリエイティブな場であり続けるために新しい機能を導入していきます。