Instagramは9月22日(米国時間)、全世界でInstagramの広告主が50万を超えたことを発表しました。2015年10月に世界中のあらゆる規模のビジネスに広告提供を開始して以来、2016年2月には広告主が20万を突破しましたが、今回の発表によって、この半年間で世界における広告主の数が2倍以上の伸びを記録したことになります。

Instagramの広告を活用している業界トップ5は、Eコマース、エンターテイメント、ゲーム、リテール、消費財となっています。

また、アメリカ、オーストラリア、ニュージーランドで7月から展開し、8月に日本でも導入開始したInstagramビジネスツールは、現在すでに150万ものビジネスが利用しています。ビジネスプロフィール、Instagramインサイト、投稿の宣伝の3つのツールによって、ビジネスは顧客と簡単につながり、何が顧客の共感を得るのか学び、そして好評だった投稿をモバイルアプリから簡単に広告としてプロモートすることができます。

ビジネスコミュニティはInstagramにとって重要なコミュニティのひとつです。ビジネスの成長・拡大においてInstagramが必要不可欠な場所であるよう、今後も様々なツールの提供や機能の改善を行っていきます。