Facebookでは自傷行為や自殺の可能性が心配される方々、そしてそのお友達やご家族に向け、自殺・自傷の防止のためにご利用いただけるツールを提供しています。先日、そのツールのアップデートが一部の国で行われましたが、このたび日本語版についてもアップデートされ、本日よりご利用いただけるようになりました。

このツールは世界各地でパートナーの皆様からご協力を得ながら、Facebookで使用できるすべての言語でのご提供を進めてきましたが、日本では、自傷行為や自殺などの精神的危機に追い込まれた人たちの相談を受ける一般社団法人日本いのちの電話連盟、特定非営利活動法人国際ビフレンダーズ東京自殺防止センターからご意見をいただき、今回日本語版の提供が実現しました。

この新しいツールを利用することで、Facebook上に心身の健康が心配される投稿をしている人へ、これまで以上に手厚いサポートを提供することが可能となります。ご利用方法、ツールの内容は下記の通りです。

【心身の健康が心配される、友達の投稿を発見した場合】

本ツールを使って、友達の投稿をFacebookへ報告することができます。

1)友達の心配な投稿を発見したら、投稿右上の「▽」をタップし、「この投稿を報告」を選択します。

2)「何をしたいですか?」の画面で、「●●●さん(投稿者)を助けたい」を選択し、「次へ」をタップします。

02

3)「●●●さん(投稿者)はどのようなことに関して助けが必要ですか?」の画面で、「自傷行為をほのめかしている」を選択し、「次へ」をタップします。

03

4)下記の対応策が表示されます。必要に応じて任意の対応策をとっていただけます。

■助けまたはサポートを提供する
その投稿者本人に、サポートするメッセージを送信できます。

■友達に相談する
ご自身がFacebookで繋がっている信頼できる人に、この投稿について相談できます。

■これに関して●●●さん(投稿者)とどう話すかについてのヘルプ情報をチェック
自殺防止の専門家のアドバイス情報をチェックできます。

※友達が危険な状況にある場合は、ただちに警察に連絡することを推奨しています。

04

 

【「ご自身の事を心配している人がいる」という画面が表示された場合】

友達から、本ツールを使って投稿がFacebookに報告された利用者には、ログイン時に「ご自身の事を心配している人がいる」ことを伝える画面が表示され、辛い時のサポートとなる情報や相談先などにアクセスできます。ツールからは、下記の選択肢を選ぶことができます。

■友達と話す
Facebook上の友達から信頼できる人を任意で選び、メッセージを送信したり、電話をすることができます。冷静でいられない状態の場合に備え、相手に送るメッセージのテンプレートもご用意しています。

05

■ヘルプラインに連絡する
話を聞いて、苦しみを乗り越えるのをサポートしてくれる、ヘルプラインが表示されます。日本国内については、「いのちの電話」、「東京自殺防止センター」の相談窓口が表示されます。

06

■ヒントやサポートを得る
自分自身を支えてくれるヒントやアドバイス情報が得られます。ご自身が簡単に取り組みやすいアクションが複数紹介されます。

07

■スキップ
ご自身への心配が誤解であり、必要がない場合は、スキップをタップするとニュースフィード(ホーム画面)に移動します。

また、ご報告いただく内容は世界中の Facebookのチームが年中無休で対応します。自傷や自殺などのようにきわめて深刻な事例は優先的に対応され、つらい思いを抱えている人へ助けとなる情報をお送りします。

 

【ご協力いただいた団体の皆様よりいただいたコメント(あいうえお順)】

■一般社団法人日本いのちの電話連盟 事務局長(常務理事)森野嘉郎様

いのちの電話は、1971年の開設以来、様々な困難や悩みを抱えながらも、だれにも相談できずに自殺などの精神的危機に追い込まれた人たちに開かれた、市民ボランティアによる相談電話です。相談員との対話を通して、再び生きる喜びを見出していただけることを願って活動を続けています。全国49センターで相談を受けています。名前を名乗る必要はありません。ひとりで悩まずに、どうぞあなたの心の声をきかせて下さい。

■特定非営利活動法人 国際ビフレンダーズ 東京自殺防止センター 所長 馬場幸子様

「寄り添う気持ちが見えるからこそ、安心して心を開くことが出来る」「知らない人だからこそ、素直に自分の気持ちを話すことが出来る」自分たちの活動は、アドバイスや励ましを行う専門家ではなく、相談者と同じ目線に立てる普通の人によって行われるべきと考えたのです。多くの人がFacebookを利用しています。悩んだ時辛い時、私たちと話してみませんか。

 

またFacebookのヘルプセンター( https://www.facebook.com/help/594991777257121/ )からも、ご自身や友達のサポートに必要な情報を見ることができます。

ご自身がつらかったり、お友達に心配な内容の投稿をみかけたら、いのちの電話ナビダイヤル相談[0570-783-556](受付午前10時〜午後10時、[http://www.find-j.jp/zenkoku.html] から、お近くのいのちの電話相談窓口や24時間対応センターも検索可能)、または東京自殺防止センター [03-5286-9090] 年中無休、午後8時〜翌朝6時。毎週火曜日は午後5時〜翌朝6時)にご連絡いただくことが可能です。特に緊急を要する状態の方がいる場合は、緊急医療サービスにご連絡ください。