Facebookでは米国時間2016年6月27日(月)より、カメラで撮影した複数の写真や動画を使って表現豊かなストーリーを展開できるスライドショー機能がご利用いただけるようになりました。スライドショー機能は、写真や動画に音楽をつけ、生き生きしたスライドショーの作成を可能にします。そして、家族でキャンプに行った思い出や、友達と集まった写真など、楽しいエピソードをFacebook上の友達とシェアすることがより簡単になります。

Slideshow[1]

スライドショー機能の使い方

  • 24時間以内に5枚以上の写真や動画を撮影すると、出来合いのスライドショーが作成され、カスタマイズしていただけるようになります。
    • 他の写真を追加したり削除したり、BGMとデザインのテーマを変更したり、タイトルの追加や友達のタグ付けをしてスライドショーをお好みの内容に変更できます。
  • 友達のスライドショーをニュースフィードで閲覧すると、「スライドショーを試す」ボタンが表示されます。こちらをタップすると、5個以上の写真や動画を選択し、テーマを選択、タイトルを付け、友達をタグ付けするだけで簡単にスライドショーが作成できます。

スライドショーは、Facebookの写真共有アプリMomentsで始まった機能で、2015年12月から数カ国でテストが行われていました。今後、選択できるデザインのテーマとBGMを追加し、さらに幅広い選択肢の中からスライドショーを作成いただけるようになる予定です。

スライドショーは、iOS版Facebookアプリで全世界でご利用いただける予定で、提供範囲は同日より1週間程度で段階的に広がっていきます。