インスタグラムは、2016年5月11日(米国時間)、新たなアプリアイコンとユーザーインターフェース(UI)を発表しました。インスタグラムの単独アプリ「ブーメラン」や「ハイパーラプス」、「レイアウト」も、統一感を持たせた新しいアイコンを使用します。また、シェアされる写真・動画が際立つよう、インスタグラムアプリ内のUIをよりシンプルに変更しました。

サービス開始当初のインスタグラムは主に、フィルタで編集した写真をシェアする場所でした。5年以上が経った現在、インスタグラムは様々な興味や関心を持つ人々のコミュニティへと進化を遂げました。数多くの写真や動画がシェアされ、「ブーメラン」や「レイアウト」などのツールを使ったり、検索機能で新たなコミュニケーションが生まれたりしています。このようなコミュニティの成長と進化にインスパイアされ、インスタグラム上で利用者の皆さんがビジュアルに託して語るストーリーの豊かな個性や多様性を反映したアイコンを作りたいと考えたのです。Instagram_LogoAnimation

従来のデザインにインスピレーションを得ながら、よりシンプルなデザインに変更されたアプリアイコンはカメラの多機能性を表現し、レインボーカラーはグラデーションという形で取り入れています。

Instagram_FamilyIcons

加えて、これまでに発表した単独アプリ「レイアウト」「ブーメラン」「ハイパーラプス」のアイコンも統一感を持たせました。

Instagram_UI

アプリアイコンはインスタグラムの世界へと通じるカラフルな入口ですが、ひとたびアプリを開くと、コミュニティの写真や動画の色が生き生きと目に映ります。従来の操作方法や機能は変えることなく、よりシンプルになったUIがコンテンツを際立たせます。また、アプリ内のアイコンやフォントなど細部にも変更を加えることで、アンドロイド・iOS端末での利用者体験がよりスムーズになりました。

新しいデザインは、コミュニティの過去、現在、そして未来のすべてを反映したものです。これに触発されて、インスタグラム上にさらなるクリエイティビティが生まれることを願っています。