Facebookは、4月12日に予定しているエンジニア向けのイベントF8にて、インスタント記事(Instant Articles)をすべての媒体社の皆様に提供開始することを米国時間2月17日に発表いたしました。これにより、媒体社の方々は規模、国や地域を問わずインスタント記事をFacebook上で配信いただけるようになります。これまでFacebookは、一部のパートナー媒体社の皆様と協力し、プラットフォーム上でこれまでになく速く、より没入感のある閲覧体験を提供できるよう開発をすすめてきました。いただいたフィードバックをもとに改良を重ねると同時に、インスタント記事の配信をオープンなサービスとしてご提供できるようツールの開発も行ってきました。

インスタント記事は、モバイルインターネット上で携帯端末からニュースなどの記事を閲覧する際、読み込みに時間がかかるという問題を解決することを目的に開発されました。これは規模を問わず全ての媒体社の皆様に関わることで、特にインターネット接続が安定しない環境の読者を抱える媒体にとっては重大な問題です。このことから、開発し始めた当初より、インスタント記事の配信は全ての媒体社の皆様にご利用いただけるようにしたいと考えていました。今回、この機能を通して媒体社の皆様がFacebook上の読者により速く、簡単にリーチできる方法をご提供できることを大変嬉しく思っています。

媒体社・ジャーナリストの皆様は、Facebookを構成するのに不可欠な存在です。媒体社やその読者にとって最適な閲覧体験を実現する製品を提供することは私たちの使命です。インスタント記事は、記事の見た目はもちろん、データや広告についても全て媒体社の皆様に管理いただけるようになっています。記事内で配信される広告については媒体社が直接販売することができ、収益の100%が媒体社に入ります。広告アクセスのデータは媒体社が使用している既存の効果測定システムから追うことができるほか、Facebook Audience Networkを通してコンテンツのマネタイズも可能です。さらに、記事のトラフィック計測に既存のウェブ上の効果測定システムやサードパーティのサービスを利用することもできます。これらの機能に加えて、読者の利用環境に関わらずFacebook上で素早く表示できる、ダイナミックでインタラクティブな記事を作成するマルチメディア編集ツールもご利用いただけます。

インスタント記事のシステムは、媒体社の皆様にご利用いただきやすいよう、メディア業界ですでに使われているツールをベースに開発しました。一般的なウェブ用語を用い、媒体社のコンテンツ管理システムと併用しやすいようにしたほか、導入する際のスタンダードをまとめたわかりやすい資料もご用意しました。インスタント記事の配信を検討されている媒体社の皆様には、まずこちらの資料(英語のみ)をご覧いただき、4月の提供開始までご準備いただければと思います。

Facebookの使命は、利用者の皆様を、ご自身にとって重要な記事、投稿、動画、写真につなぐことです。インスタント記事を使えば、すべての媒体社が、読者の閲覧体験や広告、データは引き続き自社で管理しながら、素晴らしいストーリーを短い読み込み時間で世界中の読者に届けることができるのです。

■インスタント記事についてさらに詳しく知りたい方は、こちらのページ(英語のみ)をご覧ください。

■インスタント記事のより詳細な技術環境などについては、こちらの資料(英語のみ)をご覧ください。

投稿者:ジョシュ・ロバート(プロダクト・マネージャー)