Messengerは、誰ともシームレスにコミュニケーションができるツールです。友達と予定を相談したり、大切な人と写真や動画を交換したり、送金をしたり、お気に入りのブランドから商品の購入や配達状況の確認をしたりすることができます。

世界中で何百万もの人たちが、シンプルで安全、便利、さらに一箇所で連絡が取れるMessengerを毎月利用し、メッセージのやりとりだけでなく、ブランドや企業ともつながっています。

テクノロジーによって企業やブランドと利用者の交流が深まっています。Messengerによって、小売店、家庭用商品のブランド、ホテルなど、毎日頻繁に利用するビジネスと一箇所で、より効率的にやりとりができるまでに進歩しました。

今回発表するTransportation on Messengerの開始により、利用できるサービスの幅がさらに広がります。別のアプリをダウンロードしたり、会話を中断したりすることなく、配車を頼むことができるようになります。友達や家族と相談をしながら、簡単にその場で操作ができます。

友達とランチに出かけるときも、コンサートへ向かうときも、仕事に遅れて急いでいるときも、Messengerとパートナー会社のサービスを使うことで、目的地に早く到着することができます。

サービスを利用するには、まずMessengerの最新バージョンをダウンロードが必要です。そして、会話のスレッド上で、「その他」メニューから「Transportation」を選びます。 本機能の最初のパートナーであるUberを直接検索して、車のアイコンをタップしても、配車の依頼ができます。配車依頼がすむと、ドライバーの最新の状況が連絡され、友達には配車の依頼をしたことが通知されます。Messenger上で配車依頼、車の追跡、支払い機能が完結するため、車を利用することはメッセージを送るのと同じぐらい簡単となります。

messenger-uber-request-ride

初回利用は無料です

期間限定で、初めてこの機能を利用する際、Uberご利用20ドル分を無料でご利用いただけます。無料サービスを申し込むには、Messenger上で現在お持ちのUberアカウントに接続するか、新しいアカウントを設定し、配車を依頼するだけです。ドライバーの最新情報や、支払いのレシートは、Uberとの間のプライベートなメッセージの中で送られます。走行記録や支払履歴についても、すべてMessenger上でシームレスに追跡することができます。

ご注意

このサービスは現在テストとして提供開始しており、米国内でUberがサービス提供している地域において、一部の方にご利用いただけるようになります。今後米国以外の地域への拡大、また、他社の配車サービスの利用も可能となる予定です。

投稿者:セス・ローゼンバーグ(プロダクト・マネージャー)