Facebookのプロフィール ページは毎日40億回以上訪問されています。そのためFacebookでは、プロフィール ページが、利用する皆さま一人ひとりのオンラインでの自己表現の場として、そして人と繋がる場として最適な場となるよう心がけています。

そして本日、モバイルに最適化されたプロフィールの新しい機能を発表します。ご自身の人となりをより分かりやすく表現する、そしてプロフィールに表示するコンテンツをよりご自身でコントロールしやすくする3つのポイントを以下にご紹介します。

※日本での展開は未定です。

 

プロフィールをより生き生きと

2004年に初めてプロフィール機能が発表されてから、世界は大きく変わっています。ニュースフィードでもプロフィールでも、今までにないほど多くの人々が動画を投稿、閲覧しています。そこで今回、プロフィール動画という、プロフィールを進化させるための次のステップとなるテストを開始します。近日中に、利用者の皆さまは短い、ループする動画を撮影できるようになり、この動画はプロフィールページを閲覧する誰もが閲覧できるものになります。この動画によって、今まで表現できなかった、自分自身の文字通り「新たな次元」を紹介できるようになります。
01-Video_GIFS_Final

一方で、プロフィール写真も引き続き活用いただけます。プロフィール写真を通して、利用者の性格をより分かりやすく伝えられる新機能を作りました。Celebrate Prideフィルターを発表した際に2,600万人以上が利用したことから、一時的に自分自身を表現する手段としてもプロフィール写真を活用する人がとても多いことがわかりました。プロフィール写真は、単なる顔写真ではなく、今自分の人生に何が起きていて、どんな価値観を、何を大事にしているかを表現する手段となっているのです。このようなプロフィール写真の使い方を助ける機能を提供したいと考えました。

そこで提供するのが、一定期間で表示できるプロフィール写真の設定です。事前に定めた期間を過ぎると元のプロフィール写真に戻ります。応援しているスポーツのチームで、大事な試合を控えた大一番の時や、誕生日や休暇など人生の記念や節目となる出来事を、期間限定のプロフィール写真で表現できます。現在自分の人生で起こっている出来事を友達に伝えるビジュアルなアップデートや、考えの主張や意思表示のツールとしてご利用いただけます。
02_Temporary-Profile-Pic_Vacation

プロフィールの情報をより管理しやすく

プロフィールページでどのような情報を表示するのか、今までも管理が可能でしたが、今回、プロフィールページの上部にカスタマイズ可能な欄を設け、他の人が目にする情報を確認しやすくしました。他の人に知ってほしい項目の表示・非表示を選択し、キュレーションできるスペースで、さらに1行の簡単な自己紹介を加えられます。また、ハイライトしたい写真も5枚まで選択できるようになり、視覚的に分かりやすく伝えることができます。この欄は、プロフィールページを訪問した人は誰もが閲覧できるページとなっており、利用者ご自身が全ての内容を編集・設定することができます。
03-Featured-Photos_CY_Final

モバイル上のプロフィールデザインの改善

これらのプロフィールページの新機能に加え、モバイル上でのプロフィールページのデザインを変更し、ビジュアルを介して、より分かりやすく自己紹介ができるよう改善しました。プロフィール写真・動画をプロフィールページの中心に、より大きく表示することで、ご自身の人となりを伝えるクリエイティブなツールとして活用いただけるようになります。

さらに、新たに知り合った人のことがより理解しやすくなり、また既につながりのある友達の最も興味深いハイライトを必ず確認できるよう、細かな改善を加えました。友達や、新たに知り合った相手のプロフィールページでは、写真と共通の友達がもっとも興味をもたれています。そこで、プロフィールページでこれらの項目を上部に表示し、相手のことをより簡単に分かりやすく確認できるようにしました。

これらの新機能のテストは、まずイギリスとカリフォルニアの少数のiPhone利用者に対して行われ、近日中により多くの利用者に公開されます。プロフィールのこれらの改善が、より有意義に人と人のつながりを促し、自分自身を表現する手段となり、活用されることを願っています。

※日本での展開は未定です。

投稿者:アイゲリム・ショーマン(プロダクト・マネージャー)、トニー・シェイ(プロダクト・マネージャー)