写真・動画のソーシャルネットワーキングサービス、インスタグラムは、2015年8月27日(米国時間)に、従来の正方形のフォーマットに加え、「横長」と「縦長」の新しい写真・動画のフォーマットを追加したとともに、写真と動画の編集のために別々に提供していたフィルタ全てを写真と動画の双方に利用できるアップデートを発表しました。この更新によって、被写体に合ったフォーマットを自由に選択できるようになったと同時に、現在提供している写真と動画の全フィルタを活用して、イメージに沿った多様な世界観をワンタップで簡単に表現することができ、ビジュアルコミュニケーションにおけるクリエイティビティの幅がより広がりました。

インスタグラムでは、従来の正方形のフォーマットが主流でありながらも、現在投稿される5枚に1枚の写真が、正方形ではない「横長」か「縦長」のフォーマットになっています。この新しい2つのフォーマットは、成長し続けるコミュニティの声を反映して、この度クリエイティブな編集機能のひとつとして追加されました。なお、利用者のプロフィールページでは引き続き全ての写真が正方形のフォーマットで表示され、「縦長」や「横長」の写真・動画も中央寄りの正方形のフォーマットになり、一律のサイズを保ったまま綺麗に並列されます。

この新機能を使う場合は、まずカメラを起動して、編集する写真や動画を撮影、もしくはカメラロールから選択します。その後、選択したコンテンツの左下に<>マークが表示されるので、これをタップすると、「縦長」か「横長」かを、選択することができます。例えば、「横長」のフォーマットで旅先の美しく雄大な自然の風景を動画で撮影したり、「縦長」のフォーマットを使って家族との記念写真を編集したり、シーンに応じて自由にフォーマットを使い分けることが可能です。

「横長」のフォーマット     「縦長」のフォーマットnon-square

 

併せて、以前は写真と動画の編集に別々のフィルタを提供していましたが、今後は全てのフィルタを写真・動画双方の編集に使用することが可能になりました。また、以前より写真編集の過程で提供していた、フィルタの強弱を選べる調整機能が動画の編集にも加わり、適用したいフィルタをダブルタップすると調整スライダーが表示され、強弱を調整しながらフィルタ編集を施すことができます。

この度、従来の編集ツール、ハイパーラプス、レイアウトなどの単独アプリに加え、写真・動画の新しいフォーマットを提供することによって、シンプルな操作性を保ったまま、より充実したクリエイティブな編集機能を楽しんでいただけます。これらの新機能は、本日からiOS版は、iTunesのApp Storeより、アンドロイド版はGoogle Playよりダウンロード可能です。

インスタグラムは、サービス開始から約4年で、月間アクティブ利用者数が3億人を突破し(2014年12月時点)、現在、1日の平均アクティブ利用者数は2億人、1日の平均利用時間は21分間、そして日本のコミュニティも過去1年で2倍以上に増加し(2015年3月時点)、より一層アクティブでエンゲージメントの高いコミュニティへと成長しています。今後も、編集機能を継続的に更新し、インスタグラムの初心者から上級者まであらゆる利用者に、写真・動画を通じた、楽しく快適なビジュアルコミュニケーションを提供していきます。