Facebookは、3月25日、サンフランシスコにて開催されている開発者会議F8において、開発者がMessengerと連携可能なアプリを簡単に作成できるMessengerプラットフォームの導入を発表しました。Messengerプラットフォームによって、月間6億を超えるMessengerユーザーはこれまでよりもさらに多彩なコミュニケーション方法を活用できるようになります。今回新たに40以上のアプリを通じて、人々はGIFや写真、ビデオ、音声クリップなどを使ってMessengerでの会話をもっと楽しく、もっと便利にすることができます。

1-platform-apps

連携アプリの作成者は、今後も拡張され、ユーザーはクリエイティブな新しいアプリを見つけてMessenger体験を一層高めることができます。

2-expanded-composer

友達がMessengerプラットフォームアプリからメッセージを送った場合、インストールをタップすることでMessengerから離れずにアプリの発見が可能です。

3-install-from-conversation

友達がMessengerプラットフォームアプリからメッセージを送信すると、リプライボタンをタップすることでそのアプリを起動し、最適な返信をすることができます。

4-reply-from-conversation

こうして、世界中の人がMessengerのアプリを使えるようになり、開発者はMessengerプラットフォームで今すぐ、アプリを開発できるようになりました。Messengerプラットフォームの詳細については、Messenger.com/platformまたはデベロッパーブログをご覧ください。

 

Businesses on Messengerの概要

Facebookはまた、人と企業とのコミュニケーションや双方向機能を強化したBusinesses on Messengerの概要も公開しました。

Businesses on Messengerによって、人と企業との間でさまざまな会話を個人的にやり取りできるようになります。例えば、Webサイトで商品を購入した際、Messengerで最新情報を受け取るよう設定して、購入後もMessengerを通じて販売会社とやり取りを続けることができます。

一旦設定すれば、注文の確認や商品の配送状況を始め、関連情報をメッセージとして受け取ることができるだけでなく、注文内容の変更やトラッキング、返品といった商品購入に関わる基本的なアクションもMessengerで行えるようになります。さらに、オプションとして企業への問い合わせや要望も行うことができ、企業から素早く回答が得られるようになります。こうした一連のやり取りや機能はすべて、人と企業との間で単一のスレッドで続けていくことができます。

messenger_business-1

messenger_business-2

Businesses on Messengerはまずパートナー数社でスタートし、順次拡大する予定です。Businesses on Messengerの詳細についてはMessenger.com/business をご覧ください。