現在、人々は新しい世界共通の言語を話すようになりました。それは、写真、絵文字、スタンプや動画のことです。この可視化された言語は、簡潔で時間効率が良く、そして人々が意思疎通する有効な方法として考えられています。モバイルテクノロジーが発展することで、人々はいつでも好きな時にカメラで写真を撮り、画像をシェアすることができ、視覚・聴覚・動作といった、つまり動画を活用して自分自身を表現することができるようになります。

FacebookやInstagramにおいて、この動画の利用は飛躍的に伸びています。

過去1年において、Facebookでは1人当たりの動画の投稿数は、世界的に75%増加し、米国においては94%も増加しました。そして2014 年6月以降、Facebookは、平均して毎日10億以上の動画が視聴されています。より多くの動画が作成・投稿され、お互いにシェアされることで、現在までに、Facebookのニュースフィード上に上がってくる個人やブランドからの動画数は世界で前年比3.6倍に上ります。

Instagramでは、人々はいつも視覚的にコミュニケーションをとっています。世界で3億人以上の人々が7千万もの写真や動画を毎日Instagramで投稿しています。そして、世界でFacebookにおいて1日にシェアされる平均スタンプの数は、2013年から2014年にかけて75%も増加しました。

実際に、Facebookでは、世界で3億5千万もの写真・画像が、毎日投稿されています。こうした動画利用の活性化は、主にモバイルが牽引しており、Facebookにおいて、世界的にモバイルでの動画視聴の割合は65%に及びます。高速通信、より安価なアクセス、大容量、高解像度のスクリーンなどの技術によって、動画利用がこのように伸張しており、今後も、モバイル動画への流れは継続することが予想されています。シスコシステムズ社の試算によると、モバイル動画は2013年から2018年にかけて14倍に増加することが予想されており、2018年末までにモバイルデータトラフィックの69%を占めると考えられています。

動画広告の成功事例も増加しており、マクドナルド社が実施したサッカーワールドカップで企画したリアルタイム動画を用いた「FryFutbolキャンペーン」が、インプレッション数4億以上、1億2,500万人以上(うち、80%はモバイル経由)、158カ国に視聴されるという結果になりました。

今後も、日本国内において進む個人・企業の動画利用について、皆様にご紹介してまいります。本件については、Facebookがマーケティング担当者向けに提供をしております、下記、「Facebook For Business」のリンクからもご覧いただけます。
https://www.facebook.com/business/news/JA-New-Universal-Language