Facebookでは、この度、Facebookモバイルアプリ広告の機能を新たにアップデート致 しま し た。

昨年 は、ク リスマス、歳末セール、初売り、冬のボーナスなどの機会を活用し、年末年始に新しいデバイスを購入する人々が増加し、スマートフォンの売上が前年四半期に比べて25%も上昇 したことが明らかになっています。アプリのインストールを促進する場合には、このように新しいデバイスを手に入れるタイミングで、Facebookのモバイルアプリ広告を活用することで効果的なマーケティング活動に役立ちます。

新たなアップデートは、以下の通りです。

○リーチ&フリークエンシー購入
リーチ(到達数)とフリークエンシー(表示頻度)の予測性を優先する形で、Facebookモバイルアプリ広告を購入できます。これにより、認知度を押し上げながらも、広告が人目に触れる頻度をコントロールできるようになりました。特に、アプリのリリース時や更新時など、認知度の向上を目的としたキャンペーンにご利用いただくと効果的です。

○動画を使用したモバイルアプリ広告の自動再生
Facebookで動画をアップロード、シェア、視聴する人はますます増えています。認知からコンバージョンに至る購買サイクルのあらゆる段階で動画の有効性が認められてきていることから、モバイルアプリ広告が所定の条件を満たす場合には、ニュースフィード上で動画が自動再生されるようにしました。また、本日より、パワーエディタからも動画を使用したモバイルアプリ広告を作成できるようになりまし た。

○Amazon Fireタブレットがターゲット設定の対象に
Facebook広告のターゲット設定 オプションでAmazon Fireタブレットが指定できるようになりました。今後は、Apple、Samsung、HTCなどのデバイスと同様に、AmazonのFireタブレッ トの利用者にターゲットを絞ることができます。Fireタブレットを対象としたターゲット設定の詳細については、Amazonアプリストアブログのこちらのページ(英語)をご参照ください。

この他にも、 Facebookでは、モバイルアプリ広告を年末年始の商戦のタイミングで活用いただけるヒントをご紹介しています。今回の発表内容に関する詳細は、Facebookがマーケ ティング担当者向けに提供をしております、下記、「Facebook For Business」のリンクからぜひご覧ください。
https://www.facebook.com/business/news/JA-mobile-app-holiday-updates