Hand Holding Smartphone

Facebookは本日、3つの取り組みを発表いたしました。

この1年、利用者の皆様にFacebookをさらに便利にご利用いただくための新しい機能や設定方法をご提供するとともに、Facebook上の皆様の情報がどのように扱われているかについて、より分かりやすくして欲しいというご要望に耳を傾けてきました。

本日、Facebook上の皆様ご自身の情報をより管理しやすくする方法を紹介するサイト、Privacy Basics(プライバシーベーシック)を公開いたしました。
また、Facebook上でご提供および開発している新機能にも適用する、「利用規約」「データの使用に関するポリシー」 「クッキー利用に関するポリシー」改訂案を発表いたします。

ならびに、皆様が利用されているアプリやサイトに合わせた広告の改善を行い、広告表示に関して利用者の皆様がより細かく管理できるようにいたします。これらの改訂・アップデートに対して、これから7日間、利用者の皆様からのフィードバックを受け付けます。

Privacy Basics(プライバシーベーシック)
https://www.facebook.com/about/basics
プライバシーベーシックは、Facebook上で利用者の皆様がご自身の情報を管理する方法について、インタラクティブに説明するガイドです。例えば、タグ付けを外す、友達を削除する、ブロックするなどの仕組みや、投稿する際の共有範囲の設定について、より理解を深めていただけます。プライバシーベーシックの情報は、36種類の言語でご利用いただけます。

Facebookではこれまでに、皆様が投稿する際に、希望する共有範囲になっているかをわかりやすく確認できるよう、様々な機能をご提供してきました。最近では、「共有範囲を確認」や、共有範囲を「公開」で投稿する際のリマインダー投稿欄の共有範囲選択ツールなどがあります。プライバシーベーシックはこれらに続く、共有範囲を簡単に設定できるようにする更なる取り組みです。

Facebookをより便利にご利用いただけるように
Facebook上では、人々が大切に思っている仲間、ブランドや企業などとつながるために、様々なアプリやサービスが使われています。今回発表する「データの使用に関するポリシー」の改訂は、このFacebook上での体験をより向上させるために開発してきた、新たな機能やサービスにも適用するものです。また、これらの機能・サービスがどのような仕組みとなっているかをより分かりやすくお伝えするための改訂でもあります。以下ハイライトをご紹介します。

  • あなたの周りの出来事を発見しやすく:位置情報の取得を許可した際に、どのようにその情報が使われるかについてより分かりやすい改訂を行います。何百万人もの人が、お気に入りの場所でチェックイン機能を使い、さらに「近くにいる友達(Nearby Friends)※」機能のオプションを活用して、今いる場所の近くにどの友達がいるかを見つけられます。あなたのいる場所や、友達の近況に関連性の高い情報をお知らせできるよう、機能の改善に励んでいます。例えば、将来的には、あなたがどこにいるかを共有した際に、近くのレストランの情報や、近くにいる友達の近況アップデートが見られるようになるかもしれません。※本機能は現在米国内のみで利用可
  • 購買をより便利に:現在、Facebookサイト上を離れることなく欲しい商品を見つけ、購入することができるように、「購入する」ボタン※をテスト中です。また、決済をより便利で安全に行えるような新たな方法を開発中です。※このテストは現在米国・カナダ内のみで実施
  • プライバシーに関する情報を、必要な時にFacebook上で: より分かりやすくするため、機能に関する情報をこのたび発表した「プライバシーベーシック」に集約した一方、広告主向け開発者向けのポリシーに関する情報をそれぞれご用意しました。これにより、データの使用に関するポリシーが短く、そして明確になり、読みやすくなりました。
  • Facebookが受け取る情報がどのように扱われているかを理解する: 例えばバッテリー残量や電波状況を把握することで、Facebookがご提供するアプリのパフォーマンスをお使いの携帯端末の状況に合わせて最適化することができます。チェックイン機能や位置情報の追加をご利用される際に、携帯端末の位置情報を取得する場合は、Facebookから許可を確認する通知が届きます。
  • Facebookグループ企業やそのアプリとの連携:この数年Facebookはサービスを拡大し、現在、Facebookでは様々な関連企業から、アプリやサービスをご提供しています。サービスの中で得た情報は、より便利に利用いただくために役立てています。例えばInstagramアカウントにアクセス出来なくなった際、Facebookの情報でログインいただくことでパスワードを再発行することが可能です。ポリシー改訂によって、Instagram、WhatsAppやその他の会社が利用者の個人情報やプライバシーの扱いがこれまでと変わることはありません。
  • 個人情報と広告: 皆様の個人情報がどのように広告主に提供されるかについて、ご質問をいただきますが、今回の改訂でこれまでと変わることはありません。皆様に関連性の高い広告を表示しますが、その際に、皆様の個人情報を伝えることはありません。

今回の改訂によって、現在の皆さんの設定が変わることはありません。なお、いくつかの機能やサービスは一部の地域のみで提供しています。

データの使用に関するポリシーの改訂案の内容は事前にご覧いただけ、11月20日までフィードバックをお送りいただけます。その後、最終的な改訂案を公表する予定です。

配信される広告を、ご自身でより細かく管理する
一部の利用者から、複数の端末やブラウザでFacebookを使う場合、表示される広告の管理が難しいというご意見をいただきます。これまでは、デスクトップ上で、ある広告を非表示にしても、携帯端末上では表示されるということがありました。しかし、Facebookをご利用の際に複数の携帯電話、タブレット、ブラウザをお使いになることは今や当たり前となっており、1回設定したものが全ての端末に反映されるべきだと考えています。

そのため、広告表示に関する設定は、全ての端末に反映されるようにしました。また、「Digital Advertising Alliance (DAA)」からの設定によって、Facebook上で表示される広告からオプトアウトできるようにしました。iOSやAndroid上の設定からも同様のオプトアウトが可能です。一度設定した内容は、Facebookを利用する全ての端末に反映されます。さらに、広告の表示内容についての設定ツールを、オーストラリア、カナダ、フランス、ドイツ、アイルランド、英国からご利用いただけるようにいたしました。

Facebookは、このアップデートにより、皆様がより快適にFacebookをご利用いただけるようになることを願っています。皆様の個人情報の保護、および分かりやすいプライバシー設定機能を提供することは、Facebookのサービスにとって最も重要な要素であり、本発表はそのための重要なステップとなります。

皆様からのFacebookへの信頼をさらに高めていけるよう、ご意見をお待ちしております。

 

投稿者:Erin Egan(最高プライバシー責任者)