2014年10月2日、Facebook(本社米国カリフォルニア、CEO:マーク・ザッカーバーグ)は、友達申請する際にスマートフォンのFacebookアプリで利用できる、プロフィール写真付きのマイQRコード(※1)を発表いたします。この機能は日本国内のみで、本日より順次提供開始となります。

この機能によって、新たに友達とFacebook上でつながることが、より簡単になります。例えば初めて会った相手と親しくなり、Facebook上でつながろうとする時、Facebookのアプリから直接自分のマイQRコードを相手に見せられるので、確実に自分のプロフィールを紹介することができます。

マイQRコードを見せてもらった人は、同じくアプリ内のスキャナーで相手のマイQRコードを読み取ることができ、プロフィールが簡潔にまとまった友達カードが表示されるので、そこから手軽に友達申請を送ることが可能です。

【マイQRコードを表示する】

(画像1)  自分のマイQRコードは ナビゲーションバーから 表示可能

(画像1)
自分のマイQRコードは
ナビゲーションバーから表示可能

(画像2)  自分のプロフィール 写真付きマイQRコード

(画像2)
自分のプロフィール
写真付きマイQRコード

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

マイQRコードを表示したい時は、検索バーをタップするか、Facebookアプリのナビゲーションバーのお気に入りセクションよりアクセスできます。QRコードの項目を選ぶと、マイQRコードが現れます。このQRコードをタップすることで、写真が付いていない従来のQRコードに切り替えることもできます。このページでマイQRコードを画像として保存することや、メールに添付して送信(iOS版)、またはシェアする(Android版)こともできます。これにより、自分とつながって欲しい相手に後からマイQRコードを送り、同姓同名の別人ではなく、確実に自分のFacebookのプロフィールを紹介することが可能となります。

【マイQRコードを読み取る】

(画像3)  スキャナーから 相手のマイQRコードを 読み取ると…

(画像3)
スキャナーから
相手のマイQRコードを読み取ると…

(画像4)  プロフィールをまとめた 「友達カード」が表示される

(画像4)
プロフィールをまとめた
「友達カード」が表示される

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

友達申請をしたい時は、マイQRコードが表示されるページから、スキャナーを選択してつながりたい相手のマイQRコードを読み取ります(他社が提供しているQRコードリーダーでも読み取り可能)。こちらのページから、画像として受け取っていたマイQRコードをインポートして読み取ることも可能です。その後に表示される友達カードより、友達申請をすることができます。

マイQRコードは、FacebookのiOS、Android版アプリでご利用いただけます。日本国内でスマートフォンの利用者が増加している中、広く使われているQRコード機能の導入により、今までのようにつながりたい友達を検索バーから見つける手法に加え、慣れ親しんでいる手法で手軽に友達とつながることが可能になります。