Facebookは米国時間の4月30日 (水)、1,700名を超える開発者をお迎えし、Facebookのグローバル開発者会議「f8」をサンフランシスコにて開催しました。

Facebookの使命は、あらゆるデバイスやプラットフォームに対するアプリの開発、成長、収益化を目指す世界中の開発者の皆様を支援することです。マーク・ザッカーバーグはイベントの冒頭で、3つのテーマについて以下のように説明しました。

• 開発者に安定性を提供する: Facebookでは、安定した土台を提供することが、生活をより良くし、世界をつなげるアプリを生み出す開発者に対する最高の支援であると認識しています。今年のFacebookの最重要課題は、安定したプラットフォームの構築に全力を尽くすということです。

• 利用者を最優先に考慮する: 利用者の皆様からは、アプリに個人情報を共有することへの懸念、そして自分のデータに対する管理機能の強化に関する要望が寄せられています。そこで、利用者が安心して青いボタンをクリックできるように、利用体験に関連する管理機能を一層強化することにしました。

• クロスプラットフォームのツールとサービス: Facebookは、モバイルプラットフォームをつないで開発者の仕事を容易にすることを目的にしています。

【開発】
• 新しいFacebookログイン:アプリに共有する情報を利用者が選択できるようになります。

• 匿名ログイン:Facebookに登録している個人情報をアプリ開発者に共有しなくても、利用者がアプリにログインできる機能です。

• 安定性の向上: 開発者向けの主な製品に対して、2年間の安定性保証を提供します。

• 「App Links」: アプリ間のリンクが一層容易になります。

• Parseの更新: Parseをより安価で利用してアプリを開発できるように、価格設定を見直しました。また開発者向けに、アプリを構築する際にParseをオフラインで使えるツールを発表しました。

【成長】
• メッセージダイアログ:Facebookメッセンジャーから友達同士でアプリのコンテンツをシェアできるようにします。

• モバイル「いいね!」ボタン: モバイルに組み込まれた「いいね!」ボタンで、個別のアプリのFacebookページやコンテンツに対して「いいね!」ができます。

• FbStart : モバイル事業のスタートアップを、業界をリードする企業が提供するリソースやツールのパッケージで支援する新しいプログラムです。

• モバイルに送信 : 利用者がウェブサイトにアクセスしてFacebookを使ってログインした後、アプリを携帯電話に簡単に送信できます。

【収益化】
• オーディエンスネットワーク: 開発者がモバイルアプリを効果的に収益化する方法が新たに提供されます。

• メディア関連企業がFacebookのコンテンツとデータを利用してさらに魅力的な記事を配信できるように、4つの新しい公開コンテンツAPIを発表しました。

オーディエンスネットワークに関する詳しい内容はこちら(英):
https://www.facebook.com/business/news/audience-network

FbStartに関する詳しい内容はこちら(英):
https://developers.facebook.com/products/fb-start/

「App Links」ホーム(英):
http://applinks.org/