Facebookは米国時間の3月19日(水)、ゲームデベロッパーズ カンファレンス(GDC)にて、Facebook連携ゲームの月間利用者数とFacebook経由によるゲームの訪問者数を公開しました。Facebook連携ゲームはウェブおよびモバイルで月間3億7,500万人に利用されています。また、Facebook経由によるゲームへの訪問者数は毎日平均7億3,500万回となりました。

また、ゲームの利用者は、携帯電話、デスクトップ、タブレット上など様々なプラットフォーム上でシームレスにゲームを楽しむことを期待しています。Facebookが2013年9月にFacebook連携ゲームを楽しむ人々を対象に行った調査では、クロスプラットフォームでゲームを楽しむ利用者は、一つのプラットフォーム上で遊ぶ利用者と比べて、ゲームに費やす時間と投資する金額が多いことが判明しました。

同調査の主なポイントは以下の通りです。
• クロスプラットフォームでゲームを楽しむ利用者のモバイル上でのエンゲージメントは、モバイルのみの利用者と比較すると2.4倍高い。

• デスクトップからのみの利用者と比較した場合、クロスプラットフォームでゲームを楽しむ利用者は、ウェブ上のエンゲージメントが1.5倍高い。

• クロスプラットフォーム上のゲーム利用者は、デスクトップのみの利用者と比べて、投資額が3.3倍高い。

このような背景を受けて、Facebookは「Unity」への対応を簡単にする「SDK for Unity」のツールや、Parse提供のクラウドを活用したセーブデータの保存、ゲーム内でFacebookの友達とつなげる機能を提供することで、ゲームのクロスプラットフォーム対応を進めています。

今年のGDCでは、利用者の体験とゲームの再利用の可能性を高めるゲームアプリの「リクエスト」機能の改良について発表します。

 

※当ニュースは、当Newsroom日本版開始以前の投稿のため、簡潔な文面にてお知らせしております。