Facebookは米国時間の8月22日(木)、ストックフォトエージェンシーのShutterstockと提携したことを発表しました。

ニュースフィード上で広告の効果をあげるには、写真の品質が重要です。
今回の提携によって、広告主はShutterstockの数百万点に及ぶ画像素材を、Facebookのオンライン広告作成ツールを使って、Shutterstock Libraryから簡単に検索、使用することが可能になりました。このサービスの利用に関して広告主に追加料金は発生しません。中堅中小規模の広告主をはじめ、全ての広告主に利便性が高いサービスです。本サービスは今後順次展開予定です。

さらにFacebookは以下のアップデートも発表しました。

– 複数の広告を作成する広告作成ツール機能を強化し、Facebook内公式ページの写真、過去の広告画像、Shutterstockの画像から複数選んで一度にアップロードできるようになりました。

– 公式ページを管理するモバイルアプリ「ページマネージャ」をアップデートし、管理者が複数の写真を携帯電話からアップロードして1件の投稿に使用できるようにしました。また管理者の編集や追加なども行えるようになりました。Android版ではコメントでユーザーをタグ付し、ページフィードでは関連公式ページのアップデートを確認できます。iOS版では新しい公式ページ作成やイベント作成が可能です。

※当ニュースは、当Newsroom日本版開始以前の投稿のため、簡潔な文面にてお知らせしております。