米国時間8月3日、Facebookページでの投稿をターゲット属性で絞って行えるようになることが発表されました。

以前は、場所と言語でのみターゲットを絞ることができましたが、今後は年齢や性別、興味など複数の指標によってターゲットの絞込みが可能となります。

これにより、マーケティング担当の皆様にとっては、理想とする顧客層や、興味関心をより強く持つと思われる人々に、各投稿をより効果的に届けることができるようになり、エンゲージメントの高まる可能性が強まります。

絞込み可能属性一覧:年齢/性別/興味/交際ステータス/言語/学歴/居住地/勤務地この機能は、今週前半から、徐々に皆様に利用可能となっていく見通しです。

※当ニュースは、当Newsroom日本版開始以前の投稿のため、簡潔な文面にてお知らせしております。