米国時間9月22日に開催した「f8」では、新機能を含め、Facebookの今後をご理解いただくうえで重要なトピックを数多く発表いたしました。

その中で中心的なものが、Facebook上でユーザー自身の半生をまとめて表示できる「タイムライン」機能です。フェイスブックのスタート当初のプロフィールでは基本的な情報しか表示出来ず、名前・顔写真・学校名など、簡単な自己紹介程度といった内容でした。

最近のアップデートにより、プロフィールに近況報告や写真のアップロードも表示され、友達とより密な情報を共有出来るようになっていましたが、この表示では、久しぶりにアクセスした古い友達に対して、近況は伝えられても、ユーザーの身に起きた重大なニュースが何なのかは簡単に伝わりませんでした。

このような状況を改善し、ユーザーの人生の足跡を一目で分かるようにするのが「タイムライン」です。ビジュアル面を最重要視した「タイムライン」では、写真を使って自分を表現でき、ひとつのページ上で自分の半生をまとめることが可能になりました。

※当ニュースは、当Newsroom日本版開始以前の投稿のため、簡潔な文面にてお知らせしております。